「ウズキャリ」と「ハタラクティブ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ウズキャリ」と「ハタラクティブ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ウズキャリ」「ハタラクティブ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ウズキャリ」とは?

「ウズキャリ」とは、「株式会社UZUZが運営している、長時間のキャリアカウンセリングとアフターフォローに力を入れている若者向けの就職・転職エージェント」のことです。

「ウズキャリ」「第二新卒(卒業後3年以内)・既卒・フリーターなどの若者」の就職・転職をサポートするエージェントで、「求人件数約1,000件・内定率86%・書類通過率87%・定着率93%」となっています。

「ウズキャリ」は一人あたりのキャリアカウンセリングなどのサポートに約20時間もかけていて、さらに独自の基準で「ブラック企業の排除」を行っているため、就職・転職の3年後の定着率が93%(3年間で辞めた人は7%しかいない)と高い数字になっています。

「ハタラクティブ」とは?

「ハタラクティブ」とは、「株式会社レバレジーズが運営している、ウズウズしている若者の就職・転職を支援する就職・転職エージェント」のことです。

「ハタラクティブ」「第二新卒(卒業後3年以内)・既卒・フリーターなどの若者」の就職・転職をサポートするエージェントであり、「求人件数約2,300件・内定率80. 4%」になっています。

「ハタラクティブ」では、「LINEビデオ面談」を行って個別の就職・転職の相談に乗っており、正社員未経験者でも就職できることを売りにしています。

「ウズキャリ」と「ハタラクティブ」の違い!

「ウズキャリ」「ハタラクティブ」の違いを、分かりやすく解説します。

「ウズキャリ」「ハタラクティブ」はどちらも「第二新卒・既卒である20代・若年層向けの就職・転職エージェント」である点は共通していますが、「ウズキャリ」の運営会社は「UZUZ」で、「ハタラクティブ」の運営会社は「レバレジーズ」である違いがあります。

「ウズキャリ」「一人あたり約20時間もかけるキャリアカウンセリング・面接対策・アフターフォロー・ブラック企業排除」に力を入れていることに特徴があり、「ハタラクティブ」「内定率80. 4%で高いが、書類通過率・定着率の開示がない」という特徴がある違いを指摘できます。

まとめ

「ウズキャリ」「ハタラクティブ」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「ウズキャリ」とは「株式会社UZUZが運営している、長時間のキャリアカウンセリングに力を入れた若者向けの就職・転職エージェント」を意味していて、「ハタラクティブ」「株式会社レバレジーズが運営している、各学歴・職歴に見合った転職をサポートしている若者向けの就職・転職エージェント」を意味している違いがあります。

「ウズキャリ」「ハタラクティブ」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典