スポンサーリンク

「エイジングケア」と「スキンケア」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エイジングケア」と「スキンケア」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エイジングケア」「スキンケア」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エイジングケア」とは?

「エイジングケア」は、年齢応じた手入れのこと。

一般に、若い人がする手入れではなく、加齢による体の変化を感じた人が若々しさを保つためおこなう手入れを指します。

“ageing”(エイジング)は時を経るという意味です。

人の体に対しては「加齢」「老化」を指して用いられます。

つまり「エイジングケア」は、加齢や老化に対する特定のケア(手入れ)ということになります。

主に、加齢による肌の悩みを改善するための手入れを指すことが多いのですが、広義には肌だけでなく体の機能を若々しく保つケアを指します。

「若返り」「若作り」のように年齢に逆らい若さを手に入れる行為ではありません。

老化の進行を抑えながら年齢に合った丁寧なケアをすることが「エイジングケア」の狙いです。

使い方の一例

『小じわやシミが気になるので、お肌のエイジングケアをおこなう』

なお「エイジングケア」と同じニュアンスで使われる用語に「アンチエイジング」があります。

これは「エイジング」「対抗する」という意味の「アンチ」を組み合わせたもので、老化現象に対抗する、つまり老化を防ぐ行為という意味を持ちます。

「スキンケア」とは?

「スキンケア」は、肌をすこやかに保つための手入れのことです。

一般には洗顔、化粧水やクリームなどで肌を保護する基礎的な肌の手入れを指します。

“skin”(スキン)は肌、皮膚のことで、名前のとおり「スキンケア」は皮膚の手入れを表しています。

顔の手入れがイメージされることも多いのですが、広義には全身の皮膚ならどの部位の手入れをしてもスキンケアにあたります。

使い方の一例

『美肌を保つためには、丁寧なスキンケアが大切』

「エイジングケア」と「スキンケア」の違い

「エイジングケア」「スキンケア」の違いを、分かりやすく解説します。

「エイジングケア」「スキンケア」はどちらもケア(手入れ)をすることですが、手入れの目的が異なっています。

「エイジングケア」は加齢による変化に合わせ、肌や体をすこやかに保つ手入れをすることです。

一方「スキンケア」は肌の手入れを指します。

「エイジングケア」は加齢による老化が気にならない人、つまり若い人はあまり必要としない手入れです。

また肌に限らず全身の機能を若々しく保つ目的があります。

対して「スキンケア」は肌の手入れのみを指し年齢に関係なく行われるところが「エイジングケア」とはっきり異なっています。

たとえば、年齢を重ねた人が肌の手入れをすること自体は「スキンケア」です。

さらに、それが若い人向けでない特別な手入れなら、同時に「エイジングケア」と呼ぶことができます。

まとめ

「スキンケア」「エイジングケア」は、意味の重複する部分もありますが、行為そのものの目的は異なります。

どちらも美容に関連し、日常生活で目にすることの多い言葉です。

正しい意味を知り、適切に使い分けていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典