スポンサーリンク

「エイリアス」と「ショートカット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エイリアス」と「ショートカット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エイリアス」「ショートカット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エイリアス」とは?

「エイリアス」は、デスクトップ上にアプリケーションの動作ファイルを閲覧可能な状態とする物を作る機能のことで、マック版「ショートカット」です。

「ショートカット」とは、よくアクセスするファイル群に簡単にアクセスできるよう、パソコンのデスクトップ画面上に制作する近道になります。

「エイリアス」はマッキントッシュOSのプログラムへのアクセスを簡易にする近道です。

なお、この近道は、マックOSの場合、自由に近道のもととなるプログラムの格納場所を変更できません。

自由にプログラムのある場所を変えてから、ショートカットを作成することができるのは、Windows側のOSになります。

「ショートカット」とは?

「ショートカット」は、プログラム実行ファイルや単なるファイルを、デスクトップ上に作る機能のことで、デスクトップ上にプログラムへのアクセスを簡素化する近道を作ることです。

これら「ショートカット」という呼び名は、WindowsOSなどで呼ばれる機能の一つです。

「ショートカット」は、近道となるプログラムの場所やファイル自体の場所を自由に変更することが可能で、ハードディスクなどの記憶媒体に格納したプログラムファイルの場所が変化しても再度「ショートカット」を制作すれば、その都度プログラムなどを動作させる実行ファイルを即座に「ショートカット」と称して作成できます。

「エイリアス」と「ショートカット」の違い

「エイリアス」「ショートカット」の違いは、便利機能である機能を適応させるOSが異なる点と、フォルダ等の集まりを自由に選択し、近道とできない点です。

「ショートカット」はWindowsの機能で、どこにファイルが存在していようとそれらの近道をデスクトップ上に制作できますが、「エイリアス」というマッキントッシュ側のOSの機能は、OSが異なると自由にフォルダにアクセスする近道をデスクトップ上に作成できないという違いがあります。

「エイリアス」の例文

・『エイリアスの機能は14以降アクセスは自由にできない』

この例は、エイリアス機能を備えるマッキントッシュOSは、OSが14以降においては、自由にフォルダにアクセスする際の近道を制作できないという例で、14以降は自由にアプリを移動し近道を制作できないという例です。

「ショートカット」の例文

・『ゲームの実行ファイルのショートカットを作成する』

この例は、WindowsOSにて、ゲームの起動用の近道を作るという例です。

「ショートカット」はファイルにアクセスする近道ですのでこの場合、ゲームの起動用の近道を作ったという例です。

まとめ

「エイリアス」「ショートカット」の違いは、機能自体は同じであるが、その機能を使用するOSが異なります。

また、マッキントッシュ側の「エイリアス」は、OSの種類によっては、格納されたファイルなどが移動できず、自由にファイルにアクセスする近道を制作することができないです。

簡単に言えば、ハードディスクに格納された、ファイルを別のハードディスクに移し、そのハードディスクに即座にアクセスするような近道を意味する「エイリアス」を作ることはできないのです。

よって、両者の違いは、ファイルアクセスに関しての自由度も違います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典