スポンサーリンク

「エキスパート」と「スペシャリスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エキスパート」と「スペシャリスト」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エキスパート」「スペシャリスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エキスパート」とは?

「エキスパート」は、日本で言う熟練者のことで、幅広い分野で活躍する人物で広い知識がある点が特徴です。

なお、専門分野を絞って、一つの専門分野だけに詳しいものは、「スペシャリスト」であるため、「エキスパート」と名乗る人物は、一つだけの分野に特化しているだけではだめで、複数の分野を得意としたうえで広い知識が必要とします。

「スペシャリスト」とは?

「スペシャリスト」は、特定分野のみに特化した知識を持つ人物のことで、日本で言えば専門家です。

例えば、爆弾処理の専門家であれば爆弾を解除することのみにおいて知識を持ち、爆弾を作ることは専門としない人物のことを「スペシャリスト」と呼びます。

「エキスパート」と「スペシャリスト」の違い

「エキスパート」「スペシャリスト」の違いは、専門性で、それしかできないか、それ以外にもできるかです。

簡潔に言えば、「エキスパート」は、爆弾の「エキスパート」だと言えば、爆弾づくりに爆弾物の解除、爆弾の研究まで幅広く知識を持ちそれらを業務としますが、「スペシャリスト」はあくまで一つの分野に絞られ、爆弾であれば、解除や作ることと限定されます。

「エキスパート」の例文

・『マンション経営のエキスパート』
この例は、マンションに関しての経営の知識を持つ人物のことで、「エキスパート」はマンションというジャンルに関して様々な知識を持っています。

つまり、一つだけしか知識や技能が無いのではなく、この例では、経営に関して複数の知識を持ち、マンションの防災知識の他、耐震性など経営以外にも応用できる知識を持つ人を指しているのです。

「スペシャリスト」の例文

・『住宅づくりのスペシャリスト』
この例は、家を作るということのみに特化した人を指します。

つまり、家を作ることしかできないとも言い切れ、作った家を売買する知識や免許などを持たない人で、家しか作れない人のことです。

ただ、「エキスパート」と異なり、家のみ作る知識はとても深く、家づくりのプロの職人であると言えます。

まとめ

「エキスパート」「スペシャリスト」の違いは、専門性がたった一つに特化しているか、複数に特化していて、本来の専門知識以外を持ち合わせているかです。

例えば、「エキスパート」は、必要とされている知識以外を使用して業務を遂行してもよいため、「スペシャリスト」のようにそれだけを行えばよいというわけではありません。

より複合性を求められるのが、「エキスパート」であるため「エキスパート」は一つの知識や機能に特化していては駄目なのです。

逆に、「スペシャリスト」はそれに完全に特化している必要性があり、できませんが許されない存在です。

何故なら、できませんが許された場合、「スペシャリスト」という人物は普通の民間人と変わらないため、ただの一般人扱いになり本来資格や専門性を必要とする場において全くの役立たずになり下がるため、できませんが許されません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典