スポンサーリンク

「エクスポート」と「インポート」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エクスポート」と「インポート」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エクスポート」「インポート」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エクスポート」とは?

「エクスポート」の意味は以下の通りです。

1つ目は「輸出」という意味で、自国の商品や技術を、海外に販売する為に送り出すことを言います。

2つ目はIT用語で「データを抽出する機能」という意味で、端末において、他のアプリケーションソフトでデータを読み取れる様に、形式を変換して抽出する機能のことを言います。

上記に共通するのは「外部に送り出す」という意味です。

「エクスポート」の使い方

「エクスポート」「輸出」「データを抽出する機能」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴って「エクスポートする・した」と使われたり、副詞として「エクスポートして」と使われたりします。

元は英語の“export”が日本化した言葉で、「輸出する」「広める」「データを抽出する」などの意味があります。

基本的に、あるものを外部で利用する為に送り出したり、取り出したりする時に使れる言葉です。

「インポート」とは?

「インポート」の意味は以下の通りです。

1つ目は「輸入」という意味で、他国の商品や技術を、自国で利用する為に受け入れることを言います。

2つ目はIT用語で、「データを取り込む機能」という意味で、端末において、他のアプリケーションソフトから抽出したデータと取り込んで活用できるようにする機能のことを言います。

上記に共通するのは「内部に取り込む」という意味です。

「インポート」の使い方

「インポート」「輸入」「データを取り込む機能」という意味で使われます。

名詞として動詞を伴って「インポートする・した」と使われたり、副詞として「インポートして」と使われたりします。

元は英語の“import”が日本化した言葉で、「輸入する」「持ち込む」「データを取り込む」「意味する」などの意味があります。

基本的に、外部のものを自分たちで利用する為に持ち込んだり、取り込んだりする時に使われる言葉です。

「エクスポート」と「インポート」の違い

「エクスポート」「輸出」「データの形式を変えて抽出する機能」という意味です。

「インポート」「輸入」「変換して抽出されたデータを取り込む機能」という意味です。

「エクスポート」の例文

・『データをエクスポートして使える様にしたい』

・『アドレス帳をエクスポートして保存しておく』

・『古いパソコンから大切なファイルをエクスポートする』

・『このバージョンはエクスポートの手順が違う』

「インポート」の例文

・『データのインポートに失敗してエラーが出た』

・『ファイルサイズが大きいのでインポートに時間がかかる』

・『インポートできない形式のデータもあります』

・『データを直接フォームにインポートできます』

まとめ

今回は「エクスポート」「インポート」について紹介しました。

「エクスポート」「輸出」「データ抽出」「インポート」「輸入」「データ取り込み」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典