スポンサーリンク

「エスカレ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エスカレ」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、エスカレの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

エスカレとは?意味

エスカレとは、エスカレーションを省略した略語です。

エスカレーションには、拡大する、上昇するとの意味がありますが、ビジネスの場においては社員が上司に的確な指示を仰いで、正確な仕事ができるようにする、よりよい対応ができるようスキルや知識のある社員に業務を引き継がせるときに使う略語となります。

エスカレの概要

ビジネスでは、緊急に書類を作成しなければならないとき、素早く、的確に仕事ができる社員に業務を引き継いでもらいたいのであればエスカレが必要です。

トラブルを最小限に抑えるためにも早く対応して、損失を最小限に抑えなければなりません。

企業の信用と価値を守るために、このエスカレが必要になります。

エスカレの言葉の使い方や使われ方

エスカレが使われる場面としては、現場で問題が起きた時、顧客のクレームを的確に対応できる者がいなかった、値引き交渉に対応できる権限を持った担当者がいなかったという時、この言葉がよく使われます。

職場でエスカレが失敗することで大きな損害につながってしまう原因としては、担当者が問題を大きくしたくないから自分でトラブルを処理してしまう、時間をかけたくないから知識はないのに対応することがさらにトラブルを大きくしてしまうのです。

「エスカレする時間は無駄」「面倒なのでエスカレを省いてしまおう」と使う人に、トラブルを起こしやすい傾向が見られます。

また、「エスカレする相手がわからない」と使う人は、誰にトラブルを報告するのかさえ分かっていません。

こうなる原因は、上司が日頃から報告する相手を伝えていないためです。

普段からしっかりと社員にエスカレする人を決めて、伝えておく必要があります。

エスカレを使った例文(使用例)

エスカレを使った分かりやすい例文を3つご紹介します。

・誰にエスカレすればいいのか分かりません。

エスカレする相手さえ分からない人は、誰にどう伝えればいいのかさえ分かっていません。

トラブルが実際に起きた時、誰に報告すればいいのか路頭に迷い、人に困った気持ちを伝える時に使います。

このような社員がいないようにするためには、日頃から上司がしっかり社員を集めてエスカレについて説明し、報告するべき人も決めておく必要があります。

・これ以上の問題はエスカレが必要です。

起きた問題のレベルによって解決できないのであれば、しっかり解決できるようエスカレができる場を常に設ける必要性がある。

そう判断した時に使う例文です。

普段からエスカレしておくことで、解決の難しいトラブルにも対応できる解決策を考えておくことが重要だ、という時に使うといいでしょう。

・エスカレ先がすぐに分かるようにエスカレーションフローの作成が求められる。

エスカレ先が分からない状態が続いてしまうと、対応が滞る事態が起こります。

そんな時のために備えて、普段からエスカレーションフローの作成はしておき、すぐさま対応できる必要性を伝えたい時に使う例文です。

まとめ

ビジネスシーンでは、トラブルを未然に防ぐためにも、エスカレ先を日頃から決めておくことが求められます。

社員がトラブルの対応に追われて、本来の仕事が疎かにならないようにするためにも、エスカレーションフローの作成はしておきましょう。

そして、社員側もエスカレを常に意識しておけば大きなトラブルにも動揺せず、的確な対応ができるようになるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典