スポンサーリンク

「エラー」と「ミス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「エラー」と「ミス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エラー」「ミス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「エラー」とは?

「エラー」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「間違うこと」という意味で、「コンピュータのシステムにエラーが発生した」などと言います。

正しくないことが発生して、その為に本来の流れにならない時に使われます。

2つ目は「失敗すること」という意味で、「外野手がフライをエラーした」などと言います。

こちらは何らかの不都合が発生して、ものごとが成功しない時に使われます。

間違ったことをしていないのに、能力やスキルが足りなくてうまく行かない時にも使われる言葉です。

「エラー」は英語の“error”が日本語化した言葉で、本来の意味は「間違うこと」という意味です。

「ミス」とは?

「ミス」「失敗すること」という意味です。

ものごとの結果として「失敗」があり、「間違うこと」も失敗につながります。

その為に、日本語では「ミス」「間違い」という意味で使われ「操作をミスした」などと言います。

つまり、日本語では「エラー」「ミス」は同じ意味になるのです。

ただし、「ミス」は英語で「miss」と書き、「し損なう」「~を逃す」という意味になります。

“I miss you.”「あなたに会えなくて残念です」という意味、“I missed a chance.”「チャンスを逃した」になり、「間違い」という意味はないのです。

「エラー」と「ミス」の違い!

「エラー」は、日本語では「間違うこと」「失敗すること」、英語では「間違うこと」です。

「ミス」は、日本語ではは「間違うこと」「失敗すること」、英語では「失敗すること」です。

まとめ

今回は「エラー」「ミス」の違いをお伝えしました。

「エラー」「間違い、失敗」「ミス」「失敗」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典