「エンドラン」と「盗塁」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「エンドラン」と「盗塁」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「エンドラン」「盗塁」の違いを分かりやすく説明していきます。

「エンドラン」とは?

「エンドラン」の意味と概要について紹介します。

「エンドラン」の意味

「エンドラン」とは「野球でランナーがいる時に、ピッチャーが投球動作に入った瞬間次の塁に向けてスタートして、バッターは必ず打つというサインプレーのこと」です。

「エンドラン」の概要

「エンドラン」は、野球でランナーがいる時に、ピッチャーが投球動作をした瞬間にスタートして、バッターは必ずバットにボールを当てるというサインプレーを言います。

バッターが打つことにより守備が動くので、ランナーが進み易くなります。

バッターがヒットを打てば、得点圏にランナーを進められます。

ただし、内野ゴロであったり、フライを上げてしまうと、場合によってはダブルプレーとなる可能性もあるので、監督が選手の技量を見極めた上でのプレーになります。

「盗塁」とは?

「盗塁」の意味と概要について紹介します。

「盗塁」の意味

「盗塁」「とうるい」と読みます。

意味は「ランナーが、ピッチャーが投球動作に入った瞬間次の塁に向けてスタートすること」です。

「盗塁」の概要

「盗塁」は、ランナーがいる時に、ピッチャーが投球動作に入った瞬間次の塁にむけてスタートすることです。

バッターは打たずにそのまま見守ります。

ボールを受けたキャッチャーの送球テクニックがカギになるプレーで、ランナーは脚が速いことが条件です。

シーズン中数多く盗塁をすると「盗塁王」として記録されます。

「盗塁」はベンチからのサインでする場合と、ランナーの判断でする場合があります。

「エンドラン」と「盗塁」の違い!

「エンドラン」「ランナーはスタート、バッターは打つサインプレー」です。

「盗塁」「ランナーがスタート、バッターは打たないプレー」です。

まとめ

今回は「エンドラン」「盗塁」の違いをお伝えしました。

「エンドランはランナーが走ってバッターが打つ」「盗塁はランナーが走る」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典