スポンサーリンク

「オフィステル」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフィステル」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフィステル」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフィステル」とは?意味

「オフィステル」は、事務所兼住宅として機能する物件自体を指す言葉です。

この言葉は、オフィスとホテルということなる建物を組み合わせた言葉で造語に当たります。

この造語自体は韓国で生み出された言葉で韓国では、住宅事情が日本と異なり、大家さん側が建物の維持をできなくなった場合、競売になるのですが、「オフィステル」は保証金の精度があるにもかかわらず、保証金が機能せず、単純に追い出されたうえで保証を受けられないという問題があるため、言ってしまえば大家さんが問題を起こした場合、何故かそれに関与したと言う形で利用者側も何も保証を受け取ることなく追い出されるのが「オフィステル」です。

「オフィステル」の概要

「オフィステル」は、韓国の一つの住宅の在り方でオフィスビルや商業施設を含んだ寝泊まりすることができる賃貸物件です。

一見するととても良い賃貸の在り方のように見えるでしょうが、実は落とし穴もありまして、韓国の場合、建物にかけられている保証をなぜか受け取ることができないという問題があるのです。

それはなぜかと言うと、韓国では、オフィスとしてこの住居付きの物件を見ているため、賃貸を維持することができなくなる、つまり、大家さんなどが維持費を滞納し始めると建物を第3者が競売にかけてその不足金を補うことが法律上可能であるため保証金を没収し、それも競売時に大家が払うべく賃料として差し引きすることが可能となっています。

ただ、これらはあくまで韓国のお話で、日本の場合、賃貸の人が住む物件とオフィスは別であると住み分けた上で保証を行いますので、保証金については返金されますのであくまで韓国の場合、返金されないということです。

「オフィステル」の言葉の使い方や使われ方

「オフィステル」は、複合商業型のマンションのことを「オフィステル」と韓国では呼びます。

ですが日本の場合、複合商業マンションと呼ぶので「オフィステル」はあくまで韓国での賃貸の呼び名です。

「オフィステル」の類語や言いかえ

「オフィステル」の類語および言いかえですが、日本語での言いかえおよび類語であれば、「複合商業マンション」「複合商業賃貸」が言いかえおよび類語です。

まとめ

「オフィステル」という賃貸の在り方は、韓国独自の文化で、言ってしまえば、保証を受けることができない賃貸マンションのようなものです。

日本においては保証金という物で賃貸を借り受けた際、賃貸を貸し出すことができなくなると保証金でそれらを変額するのですが、韓国の場合、保証金は単に、維持費なども目的で使用されるものでかつ、入居希望者側が自由に賃貸契約を中止することを防ぐための手段としてのみでしか機能しておらず、実は、建物自体の保証は全くないのです。

そこをなぜか理解せず、「オフィステル」は素晴らしい賃貸であるとした宣伝が多く存在しているため、ある意味問題であるとされています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典