「オフィスワーク」と「デスクワーク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オフィスワーク」と「デスクワーク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オフィスワーク」「デスクワーク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オフィスワーク」とは?

「オフィスワーク」の意味と概要について紹介します。

「オフィスワーク」の意味

「オフィスワーク」は、「社外ではなく、社内でする事務的な仕事のこと」です。

「オフィスワーク」の概要

「オフィスワーク」は、職種の一種で、会社の事務所内で行うあらゆる仕事のことを言います。

転職サイトなどで、外出せずに事務所内で仕事する職種のことを「オフィスワーク」と呼びます。

「オフィスワーク」には幾つかの種類があり、「一般事務」「営業事務」「貿易事務」「総・人事事務」「経理事務」「秘書」などがあります。

いずれも共通しているのは、書類やメールの作成など、事務的な仕事を含めて作業するという点です。

外回りの仕事をすることもありますが、原則事務所内で済ませる仕事が多く、「OL」「オフィスレディ」の略で、元は「女性はオフィスで事務的な仕事をすることが多かった」ことに由来して付けられた和製英語です。

「デスクワーク」とは?

「デスクワーク」の意味と概要について紹介します。

「デスクワーク」の意味

「デスクワーク」は、「机に向かって作業する仕事」「事務職のこと」です。

「デスクワーク」の概要

「デスクワーク」は、元の意味は「机に向かって作業する仕事の総称」という意味です。

主に書類や資料を作成したり、データ入力したり、電話応対したりなど、机に座ってする作業のことを言います。

そこから転じて「事務職」のことを「デスクワーク」と呼ぶこともあります。

ただし、「デスクワーク」の場合範囲が広く、「プログラマー」「エンジニア」や、営業マンが会社に戻ってきて書類を作成する作業も含まれます。

その為に「オフィスワーク」の様に「職種」というよりは「職務」と捉えることが多くなります。

「オフィスワーク」と「デスクワーク」の違い!

「オフィスワーク」「社内でする事務的な仕事のこと」です。

「デスクワーク」「机に向かって作業する仕事の総称」です。

まとめ

今回は「オフィスワーク」「デスクワーク」の違いをお伝えしました。

「オフィスワークは職種」「デスクワークは職務」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典