「オペアンプ」と「トランジスタ増幅器」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オペアンプ」と「トランジスタ増幅器」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オペアンプ」「トランジスタ増幅器」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オペアンプ」とは?

「オペアンプ」とは、「二つのインプット間(入力間)の電位差によって信号(電圧)が増幅する電圧利得が大きい差動増幅回路のこと」を意味しています。

「オペアンプ」には、「理論値と実測値の違いが小さくて増幅されるアウトプット(出力)の理論的予測がしやすい」という特徴があります。

「オペアンプ」というのは、負帰還回路を用いて二つのインプットから一つのアウトプットに増幅する仕組みなので、「電圧利得」が数百倍から数千倍以上になる増幅率の高さを持っています。

「トランジスタ増幅器」とは?

「トランジスタ増幅器」とは、「トランジスタと呼ばれる集積回路の特性を活用して、信号(電圧)を増幅させる回路」を意味しています。

「トランジスタ増幅器」には、「理論値と実測値の違いがあって増幅されるアウトプット(出力)の理論的予測がしづらい」という特徴があります。

電圧利得が大きくなくてトランジスタの個体差(温度特性などのバラツキ)も大きい一方で、「トランジスタ増幅器」は負帰還回路を前提としないので、より小さな負帰還でも動作して経済性が高い(コストが低い)という利点も持っています。

「オペアンプ」と「トランジスタ増幅器」の違い!

「オペアンプ」「トランジスタ増幅器」の違いを、分かりやすく解説します。

「オペアンプ」「トランジスタ増幅器」「電圧・信号を増幅させる機器やシステム」という意味では類似したものですが、「オペアンプ」のほうが「トランジスタ増幅器」よりも「電圧利得が大きくて理論値と実測値のズレが小さくて出力予測が正確である」という違いがあります。

反対に「トランジスタ増幅器」「オペアンプ」と比べると、「電圧利得が小さい・理論値と実測値のズレが大きくて出力予測の精度が低い」のですが、「小さな負帰還でも動いて経済性が高い」という利点を持っている違いも指摘できます。

まとめ

「オペアンプ」「トランジスタ増幅器」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「オペアンプ」とは「演算増幅器とも呼ばれる、二つのインプット間の電位差によって増幅する電圧利得が大きくて正確な出力ができる差動増幅回路のこと」を意味していて、「トランジスタ増幅器」「集積回路(トランジスタ)を利用した正確性は低い増幅器で、少ない負帰還でも動作する経済的効率性の高いもの」を意味している違いがあります。

「オペアンプ」「トランジスタ増幅器」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典