スポンサーリンク

「オペレーター」と「クリエイター」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オペレーター」と「クリエイター」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オペレーター」「クリエイター」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オペレーター」とは?

機械や器具を操作・運転する人を指します。

また経営するという意味や運航するという意味も含み幅広い意味を持つ言葉です。

基本的には何かを動かしたり、また動いたりするときに、注意深く観察しながら対策やケアが必要な作業をする人に対してこの言葉を使います。

多くの分野にオペレーターがいます。

電話交換手や無線通信士やコンピューターの操作者などです。

また船舶を運航している海運業者や船舶を賃貸しているオーナーに対しても使うことがあります。

他には、手術者などにも使われています。

「クリエイター」とは?

語源は英語の「creator」で創造者や造物主、考案者といった意味です。

日本では創造的な仕事をしている人という意味で使われています。

例えば広告業界でいうと、広告に載せる写真やイラストを考えるアートディレクターやイラストレーター、またキャッチコピーを考えるコピーライター、また広告に載せる写真を撮るカメラマンなどをクリエイターと言います。

またこれらのクリエイターを抱えている広告代理店をクリエイティブエージェンシーと呼んでいます。

クリエイターには自信の価値観から創造するようなアーティストのような人もいますし、また細かくクライアントの意見を反映して制作していくようなクリエイターもいます。

「オペレーター」と「クリエイター」の違い

オペレーターは自分でデザインすることはなく、デザイナーやクリエイターなど創ったものを指示通りに作業していく人です。

オペレーター自身は指示書などに従い単純に作業をしていくことが多いので、ある程度の機械の知識があればできるというものもあります。

その場合はアルバイトやパートがオペレーターをするということもあります。

一方クリエイターは自分で最初からデザインをして作り上げていく人の事です。

仕事によってはクライアントの要望を聞き、何度か修正する場合もあり、その細かい修正作業などをオペレーターに指示して任せたりします。

「オペレーター」の例文

・『コールセンターのオペレーターとして必要なことは正しい言葉遣いです。』

・『機械オペレーターとして安全に作業をします。』

「クリエイター」の例文

・『彼はゲームクリエイターになりたがっている。』

・『彼らはクリエイター集団だ。』

まとめ

オペレーターもクリエーターも幅広い意味があり、あらゆる職種でこの言葉を使っていることが分かりました。

オペレーターに必要なのは動かす機械などの深い知識と作業書などに書かれている指示などを的確に読み取る力です。

またクリエーターにはその分野についての幅広い知識と独創性やクライアントのニーズを読みとる力が必要です。

種類や働き方が多種多様にあるものなので一概には言えませんが、オペレーターもクリエイターもあらゆる場所でたくさんの人が活躍されています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典