スポンサーリンク

「オポチュニティ」と「チャンス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オポチュニティ」と「チャンス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オポチュニティ」「チャンス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オポチュニティ」とは?

「オポチュニティ」「opportunity」が日本語化した言葉で、意味は以下の通りです。

1つ目は「あることをする為の良い機会」という意味で、ものごとにめぐってくる機会のことです。

2つ目は「仕事で昇進する見込み」という意味で、仕事で能力が向上したり、出世できる機会があることです。

3つ目は「都合のよい折」という意味で、自分の状態と周囲の状況との折り合いがつくことです。

上記に共通するのは「好機」という意味です。

「オポチュニティ」の使い方

「オポチュニティ」「あることをする為の良い機会」「仕事で昇進する見込み」「都合のよい折」という意味で使われます。

名詞として「オポチュニティを探す・探した」「良いオポチュニティだ」などと使われます。

基本的に、あることをする為の好機を表す言葉ですが、主にビジネスなどに使われ、日常で使われることはあまりありません。

「チャンス」とは?

「チャンス」「chance」が日本語化した言葉で、意味は以下の通りです。

1つ目は「良いめぐり合わせ」という意味で、ものごとをするのにめぐってくる良い機会のことです。

2つ目は「偶然の機会」という意味で、突然やってくる運命的な機会のことです。

3つ目は「球技で得点する絶好の機会」という意味で、試合において得点できるまたとない機会のことです。

4つ目は「偶然の見込み」という意味で、偶然であるが良い方向へ向かっていることです。

上記に共通するのは「偶然のめぐりあわせ」という意味です。

「チャンス」の使い方

「チャンス」「良いめぐり合わせ」「偶然の機会」「球技で得点する絶好の機会」「偶然の見込み」という意味で使われます。

名詞として「チャンスがある・ない」「チャンスを逃す・逃した」「絶好のチャンス」などと使われます。

基本的に、日常的に偶然めぐってくる良い機会に使われる言葉です。

「オポチュニティ」と「チャンス」の違い

「オポチュニティ」「あることをする為の好機を表す言葉、主にビジネスなどに使われる」という意味です。

「チャンス」「日常的に偶然めぐってくる良い機会」という意味です。

「オポチュニティ」の例文

・『事業拡張のオポチュニティがやってきた』
・『上司と話し合うオポチュニティを探る』
・『転職するオポチュニティを逃さない』
・『今が昇進できるオポチュニティだ』

「チャンス」の例文

・『またとないチャンスでゴールを決める』
・『取引先が興味を示したチャンスを狙う』
・『面接の予定が合わずに転職のチャンスを逃す』
・『まだ女優になれるチャンスがあると信じる』

まとめ

今回は「オポチュニティ」「チャンス」について紹介しました。

「オポチュニティ」「ビジネスなどの好機」「チャンス」「偶然巡って来る良い機会」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典