スポンサーリンク

「オムニバスアルバム」と「コンピレーションアルバム」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「オムニバスアルバム」と「コンピレーションアルバム」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「オムニバスアルバム」「コンピレーションアルバム」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「オムニバスアルバム」とは?

「オムニバスアルバム」とは、「特定のテーマに従って楽曲を集めたアルバム・コンピレーションアルバム」を意味しています。

「オムニバスアルバム」には「複数のアーティストの楽曲を集めてまとめた音楽アルバム」といった意味のニュアンスもありますが、世界では「コンピレーションアルバム」の呼び方が一般的に使われています。

「コンピレーションアルバム」とは?

「コンピレーションアルバム」とは、「特定のテーマ・編集方針に基づいて楽曲を集めたアルバム」のことです。

「コンピレーションアルバム」は、「一人のアーティストの色々な楽曲を集めたアルバム」「複数のアーティストの色々な楽曲を集めたアルバム」に分けることができます。

「オムニバスアルバム」と「コンピレーションアルバム」の違い!

「オムニバスアルバム」「コンピレーションアルバム」の違いを、分かりやすく解説します。

「オムニバスアルバム」「コンピレーションアルバム」はどちらも「特定のテーマ性・ビジョンに基づいて楽曲を集めたアルバム」を意味している同義語ですが、「オムニバスアルバム」の呼び方は日本だけで使われることが多いという違いはあります。

また「コンピレーションアルバム」「一人のアーティストの色々な楽曲を集めたもの」「複数のアーティストの楽曲を集めたもの」がありますが、「オムニバスアルバム」のほうは主に「複数のアーティストの楽曲を集めたアルバム」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「オムニバスアルバム」「コンピレーションアルバム」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「オムニバスアルバム」とは「複数のアーティストが参加してつくられた音楽アルバム」「コンピレーションアルバムの日本での呼び方」を意味していて、「コンピレーションアルバム」「特定のテーマに基づいて楽曲を集めてまとめた音楽アルバム」を意味している違いがあります。

「オムニバスアルバム」「コンピレーションアルバム」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典