「カオス」と「シュール」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カオス」と「シュール」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カオス」「シュール」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カオス」とは?

「カオス」とは、「無秩序で混沌としている状態・まとまりがなく混乱しているさま」を意味している言葉です。

「カオス」という表現には、「古代ギリシアで万物が生成される以前の無秩序や混沌・万物を生み出す可能性がある根源」の意味もあります。

俗語(スラング)としての「カオス」には、「散らかっていてぐちゃぐちゃなさま・めちゃくちゃな状態・ありえないこと・訳がわからないさま」などの意味合いがあります。

「シュール」とは?

「シュール」とは、「フランスで起こった文学芸術運動であるシュールレアリスム(超現実主義)の略語」を意味しています。

「シュールレアリスム」とは、「フロイトの精神分析の影響を受けて、理性・道徳の検閲がない無意識の世界を投影した真の現実を表現しようとする文芸の思想・運動」でした。

そこから転じて「シュール」とは、「現実離れしていて奇抜なさま(現実とかけ離れた面白さ)・非日常的で幻想的なこと」「独特の世界観があって個性的なさま」を意味する表現になりました。

「カオス」と「シュール」の違い!

「カオス」「シュール」の違いを、分かりやすく解説します。

「カオス」「シュール」「理解することが難しい」という意味合いでは共通していますが、「カオス」という言葉は「無秩序で混沌としていること・めちゃくちゃで混乱しているさま」に意味の重点が置かれています。

「カオス」に対して「シュール」というのは、「シュールレアリスム(超現実主義)の略語」であることから、「非日常的で奇抜なさま・超現実的・独特の世界観があるさま」に意味の中心がある違いを指摘できます。

俗語としての「カオス」には「無秩序でめちゃくちゃ・散らかっていてぐちゃぐちゃ・ありえない・訳が分からない」の意味がありますが、「シュール」にはそういった意味がない違いもあります。

まとめ

「カオス」「シュール」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「カオス」とは「無秩序で混沌としたさま」「古代ギリシア神話において宇宙が創造される前の混沌」「常人の理解が及ばないさま・めちゃくちゃ」を意味していて、「シュール」「非日常的なさま・奇妙で薄気味悪いこと・理解不能・現実とかけ離れたおかしさ」を意味している違いがあります。

「カオス」「シュール」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典