スポンサーリンク

「カシミア」と「パシュミナ」とは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カシミア」と「パシュミナ」とは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

上質なストールには、いくつかの素材があります。

この記事では、「カシミア」「パシュミナ」の違いを分かりやすく説明していきます。

ファッション雑貨選びのヒントにしてみてください。

スポンサーリンク

「カシミア」とは?

カシミアとは、ヤギの毛織物のこと。

艶のある美しい素材で、素肌に触れるとナチュラルな心地よさを感じます。

とても暖かいのでカシミアのニットやセーター、ストールやマフラーは秋冬の定番となっています。

もともとカシミアは、インドのカシミール地方で生まれたもの。

この地で飼われていたヤギの毛から、毛織物をつくったのが「カシミアの始まり」です。

秋になると寒い冬をのりこえるために、ヤギの体にはしなやかな産毛が生えます。

このうち良い所だけを刈り取ったのが、カシミア。

選びぬかれた毛だけが採用されるため、1頭のヤギからとれるカシミアは、とても僅かな量です。

高地が生んだ自然素材ということもあり、カシミアの織物は肌にやさしい感触です。

軽くて暖かいので、真冬のシーンで重宝します。

「パシュミナ」とは?

パシュミナとは、ヒマラヤヤギの毛織物のこと。

1度羽織るとその美しい温もりを忘れられない、非常に上品な素材です。

パシュミナはもともと、インドやネパールなどの国で作られてきた伝統的な織物です。

使われるのは最高級品質のカシミアとシルク。

はたおり機を用いながら、時間をかけて丁寧に編みあげていきます。

とても繊細な作り方をしているので、生地がなめらかで美しいです。

パシュミナの魅力は、薄くて透明感があること。

繊維の1本1本がとてもキメ細やかなので、女性らしいたおやかさも感じられます。

さっと羽織れるので、年間とおして身に付けられます。

「カシミア」と「パシュミナ」の違い

どちらも人気のファッションアイテムです。

「カシミア」「パシュミナ」の違いを、分かりやすく解説します。

・ニットの「カシミア」ストールの「パシュミナ」 どちらも秋冬の人気素材です。

「カシミア」は高地に住む、ヤギの羽毛を毛織物にしたもの。

なめらかなツヤと高い保温性を楽しめます。

一方でパシュミナは、カシミア糸にシルクを混ぜて織ったもの。

透け感のある、軽やかな素材が魅力的です。

厚みのあるカシミアはマフラーやニット、コートやカーディガンなどのトップスや羽織り物につかわれています。

そして薄手のパシュミナは、ストールやショールとして販売されます。

深みのあるカシミアと、透け感のあるパシュミナ。

どちらも一生使い続けられる、おすすめ素材です。

まとめ

「カシミア」「パシュミナ」の違いを分かりやすくお伝えいたしました。

どちらも美しい風合いを楽しめる、高級織物です。

カシミアはヤギの毛織物のこと。

パシュミナはカシミア繊維とシルクを混ぜてつくったものです。

カシミアはセーターやニット、カーディガンに。

パシュミナはショールやストールに加工されています。

どちらも艶のある光沢と、なめらかな肌触りが魅力的です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典