スポンサーリンク

「カフェオレ」と「コーヒー牛乳」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カフェオレ」と「コーヒー牛乳」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カフェオレ」「コーヒー牛乳」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カフェオレ」とは?

コーヒーと牛乳をほぼ同量混ぜた飲み物です。

フランス語になります。

カフェはコーヒーのこと、オは前置詞、レは牛乳のことです。

この飲み物に使うコーヒーは、ドリップコーヒーであることが一般的です。

牛乳は温かいものを使用します。

これを混ぜあわせればできあがります。

混ぜ合わせるときには、コーヒーと牛乳を同時にカップに入れるようにします。

まず、飲むためのカップを用意します。

そして、コーヒーを淹れた容器、牛乳を入れた容器をそれぞれの手で持ち、カップに同時に注ぎ入れます。

コーヒーの方がやや多めになっても「カフェオレ」と呼びます。

牛乳がやや多いと、カフェランベルセと呼ぶことがあります。

フランスの家庭では、朝食時にこの飲み物を飲むことが多いようです。

朝にコーヒーを飲む日本人は少なくありませんが、胃の中が空っぽな状態でコーヒーを飲むとカフェインが刺激になります。

牛乳を加えれば、それによって刺激が和らぎます。

この飲み物は、カフェボウルと呼ばれる器に入れて飲むこともあります。

ご飯茶碗を少し深くしたような形をした入れ物です。

「カフェオレ」の使い方

ドリップコーヒーと牛乳をほぼ同量混ぜた飲み物を指して使用する言葉です。

温かい牛乳を使用することが一般的ですが、コンビニなどで販売されるものは、購入時冷えています。

しかし、この名で呼ばれています。

「コーヒー牛乳」とは?

乳飲料にコーヒーや砂糖などを加えたものです。

平成15年以降、生乳100%でないと「牛乳」と表記をしてはいけないことになりました。

そのため、正確にはコーヒー入り乳飲料やコーヒー風味乳飲料になります。

これまで「コーヒー牛乳」の名で販売されていた商品は、別の名前に変えられています。

この飲料に使用されるコーヒーの種類は決まっていません。

ドリップコーヒーを使用することもあれば、エスプレッソを使用することもあります。

また、コーヒーと牛乳の割合も決まっておらず、この名で販売されているものには、さまざまな割合のものがあります。

コーヒーと牛乳以外にも、砂糖や香料などが使用されることもあります。

「コーヒー牛乳」の使い方

乳製品にコーヒーの風味をつけた飲み物を指して使用する言葉です。

「カフェオレ」と「コーヒー牛乳」の違い

コーヒーと牛乳を使用している点は同じです。

「カフェオレ」は、ほぼ1:1の割合で混ぜ合わせています。

「コーヒー牛乳」は、割合に決まりはありません。

「カフェオレ」の例文

・『朝食にカフェオレを飲む』
・『君が作ったカフェオレが一番おいしい』

「コーヒー牛乳」の例文

・『銭湯に行ったら、やっぱりコーヒー牛乳でしょ』
・『懐かしいコーヒー牛乳の味』

まとめ

コーヒーと牛乳を使用した飲料である点は同じで、生乳100%のもの以外は牛乳と表記してはいけないので、「カフェオレ」の名が使われるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典