スポンサーリンク

「カマトトぶってんじゃねーよ」とは意味や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カマトトぶってんじゃねーよ」とは新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カマトトぶってんじゃねーよ」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カマトトぶってんじゃねーよ」の意味

知っていても知らないフリする女性に対してぶちキレた時の言葉。

「カマトトぶってんじゃねーよ」の解説

「カマトトぶってんじゃねーよ」は、「女性が可愛らしさをアピールする為に、知っていても知らないフリする様子に対してぶちキレた時の言葉」という意味です。

「カマトト」とは、江戸時代に遊女が「かまぼこ」をさして「これは魚(とと)?」と聞いたことから、あざという様子として使われる様になりました。

可愛さを強調する女性に対する悪口の意味になります。

「カマトトぶってんじゃねーよ」の使われ方

「カマトトぶってんじゃねーよ」は、「カマトト女性」に対して「いい加減にしろよ」とキレる時に使われます。

「分かっているのにわざと『分からなーい』などと言う」「できるのに『できなーい』と言って人に頼んでくる」「下ネタに対して『何ですかそれ?』などと知らないフリする」など、純粋な性格をアピールする為の言動に対して、「カマトトぶってんじゃねーよ」と言います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典