スポンサーリンク

「カンスト」と「完凸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カンスト」と「完凸」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

SNSでたまに見かける言葉には、首を傾げたくなる用語もあります。

この記事では、「カンスト」「完凸」の違いを分かりやすく説明していきます。

実生活で聞きづらい用語を、今のうちに理解しておきましょう。

スポンサーリンク

「カンスト」とは?

カンストとは、最高レベルに達したこと。

上限までクリアしたので、それ以上の進化は望めないことです。

カンストとは、カウンターストップのこと。

英語で同じようなフレーズもありますが、カンストは日本で生まれた和製英語になります。

もともとゲーム業界で生まれた言葉で、主人公のレベルが上限に達することを「カンスト」と呼んでいます。

「本日カンストできそうです」「絶対にカンストさせたい」などと用います。

最近ではゲーム以外でも、カンストが使われるように。

「トップの・最大の」という訳で、SNSを中心に扱われています。

「可愛さカンスト」だと、とっても可愛いの略。

「美人カンスト」だと美しすぎることです。

褒め言葉として使われます。

「完凸」とは?

完凸(かんとつ)とは、それ以上は突破できないこと。

限界突破が天井まで達してしまったときに、あえなく用いる言葉です。

完凸の「完」には、完全に終わり・完全に突破という訳があります。

こちらもゲームから生まれた言葉。

同じような意味をもつ用語は「限凸(げんとつ)」です。

通常のゲームでは最大限にレベルアップした後も、おまけとしてファイナルステージを用意しているものがあります。

この仕組みを利用すると、公表されているレベルよりも、最大限キャラクターの能力を引き上げていけます。

ところがこの「おまけ」もクリアしてしまい、それ以上にレベルアップできない状態が「完凸」

これ以上突破できるものがないときに用います。

「初めての完凸!」「やった!完凸した」などと使います。

「カンスト」と「完凸」の違い

どちらもゲームから生まれた言葉ですが、近すぎて分かりづらいです。

「カンスト」「完凸」の違いを、分かりやすく解説します。

・カンストを超えた完凸

どちらもロールプレイングゲームなど、ゲーム業界から派生した言葉です。

カンストとはカウンターストップのこと。

カウンターできないくらい、最大限にレベルが上がった状態です。

一方で完凸とは、もうこれ以上「限界突破」できないこと。

つまりステージとしては、カンストが先。

それを超えたものが完凸になります。

また完凸はおもにゲームの世界で用いますが「カンスト」はゲーム以外でも耳にする言葉です。

「とっても・最高に」などの意味として、褒め言葉として用いられています。

まとめ

「カンスト」「完凸」の違いを分かりやすくお伝えしました。

どちらもゲームのプレイヤー同士の会話から生まれた言葉です。

カンストはレベルや能力が、上限まで達したこと。

完凸はゲームがクライマックスまで進み、限界突破の上限も超えてしまったことです。

カンストは「非常に・最高の」などの訳として、日常生活でも用いられています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典