スポンサーリンク

「カンヌ国際映画祭」と「アカデミー賞」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カンヌ国際映画祭」と「アカデミー賞」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カンヌ国際映画祭」「アカデミー賞」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カンヌ国際映画祭」とは?

「カンヌ国際映画祭」「世界三大映画祭のひとつで、公開前の映画を評価するイベント」です。

世界三大映画祭にはその他に「ベルリン国際映画祭」「ベネチア国際映画祭」がありますが、中でも最も知名度が高い映画祭です。

基本的に、制作してこれから公開する予定の映画で、品質が高く純文学的な要素が強いなどが基準とされ、一般受けしにくい作品や、ハッピーエンドにはならない作品、地味で心に響く作品などが選ばれることも多くあります。

「アカデミー賞」とは?

「アカデミー賞」は、「アメリカで開催される映画祭で、公開済の映画を評価するイベント」です。

世界三大祭と比較して、ハリウッド作品がメインで、娯楽要素が大きい作品が選ばれることが多いという特徴があります。

アメリカで開催される為に、アメリカの歴史や社会情勢などをテーマにした作品が受賞し易くなっています。

「カンヌ国際映画祭」と「アカデミー賞」の違い!

「カンヌ国際映画祭」「世界三大映画祭のひとつで、公開前の映画を評価するイベント」です。

「アカデミー賞」「アメリカで開催される映画祭で、公開済の映画を評価するイベント」です。

まとめ

今回は「カンヌ国際映画祭」「アカデミー賞」の違いをお伝えしました。

「カンヌ国際映画祭はフランス」「アカデミー賞はアメリカ」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典