スポンサーリンク

「カースト」と「ヒエラルキー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「カースト」と「ヒエラルキー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「カースト」「ヒエラルキー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「カースト」とは?

「カースト」とは「インドなどにおける差別的な身分制度のこと」という意味です。

古代インドで作られたもので、先住民を奴隷の様に扱い、それに準じて作られた差別の激しい身分制度です。

「カースト」は生まれた時から定められていて、一生変えることはできません。

また、違う「カースト」の人との結婚も認められないのです。

残念ながらまだインドで続いている制度であり、廃止になる見込みはありません。

「ヒエラルキー」とは?

「ヒエラルキー」は、「ピラミッド型になった階層構造のこと」という意味です。

軍隊や大企業、役所などの大規模な組織で、明確な立場により人が序列化されて、ピラミッド型の様に、上位から下位にいくにつれて人数が増えていく構造になっていることです。

「ヒエラルキー」は上層部が大きな権力を持ち、下層部を支配します。

下層部は虐げられることから、日常的に「車のナンバープレートヒエラルキー」「沿線ヒエラルキー」などと使われることもあります。

「カースト」と「ヒエラルキー」の違い!

「カースト」「インドなどにおける差別的な身分制度のこと」です。

「ヒエラルキー」「ピラミッド型になった階層構造のこと」です。

まとめ

今回は「カースト」「ヒエラルキー」の違いをお伝えしました。

「カーストは差別的身分制度」「ヒエラルキーは格付けによる階層構造」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典