スポンサーリンク

「ガシューナッツ 」と「ピーナッツ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガシューナッツ 」と「ピーナッツ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、カシューナッツとピーナッツの違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

カシューナッツとは?

カシューナッツとは、長さが2から3センチの三日月の形をした木の実のことを指します。

中南米やタンザニアなどの温暖な気候に生えており、熱帯性常緑樹の種がカシューナッツとなります。

火にあぶった状態で食べることでナッツの香ばしさと旨みが引き立ちます。

白色で“曲玉”と呼ばれる形状であるのも特徴的で、噛み応えのある触感を楽しめるナッツでもあり、少し生の香りがするところが特徴的。

他のナッツ類にはない独特な味と香りが楽しめるのもカシューナッツの美味しさです。

炭水化物が17%、蛋白質が12%、脂肪が44%も含まれているため満腹感を得られます。

そのまま食べても美味しいと子供から若い世代にも人気があります。

栄養価は100gに対してビタミンB1が約0. 45mg含むカシューナッツは肌を美しくする効果が高く、太りやすい体質を改善する効果もあるので、ダイエットにも最適です。

また、クッキーやサブレなどの焼き菓子である製菓材料としても使えます。

甘みが強いため、何も付けずに、そのまま食べるのも美味しい魅力的なナッツです。

ピーナッツとは?

ピーナッツとは、マメ亜科でラッカセイに属する一年草です。

この一年草の丈は25cmに育ち、大きくなれば50cmに育ちます。

夏には黄色の花を咲かせ、自家で受粉するのが特徴的です。

落花生の由来は花が受粉して落ちた実を地中で生むことでこの名前が付きました。

元々は南アメリカ原産であり、東アジアから日本へと江戸時代に持ち込まれたものが栽培され、今では誰もが知る豆となりました。

紀元前2500年前にはすでに市民が食べていた痕跡が残っており、歴史ある食べ物でもあるのです。

その落花生の殻を割ると、中から出てくる実は茹でなければ硬すぎて食べにくいのが難点であるため、殻ごと茹でるか、実を茹でて、柔らかくして食べるのが一般的です。

また、粘り気のあるペースト状にしたものにバターを入れたものをパンに塗るスプレッドが売り出されています。

日本ではピーナッツの栽培数が多いことで有名なのが千葉県で、冬でも比較的温暖な気候が実の生育に合っており、多くの落花生栽培で盛んな県として有名です。

栄養価はオレイン酸やリノール酸、飽和脂肪酸などが豊富に含まれており、動脈硬化予防や肥満予防に効果的な食べ物として近年は注目を集めています。

カシューナッツとピーナッツの違い

カシューナッツとピーナッツの違いを分かりやすく解説します。

曲玉という湾曲した形をしているのがカシューナッツで、ラグビーボールのような形をしているのがピーナッツという形状の違いがあります。

また、落花生は地中の中で育つため硬い殻で実が包まれているところもカシューナッツとの違いです。

まとめ

茹でると甘みと旨みが出て美味しくなるカシューナッツとピーナッツは砂糖とまぶして食べたり、砕いてクッキーの中に入れても美味しい食材になります。

野菜と炒めたり、シチューの中に入れて具材にもできるナッツですので、工夫して調理すれば栄養価を無理なく摂れる食べ物となるのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典