「ガナッシュ」と「生チョコ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「ガナッシュ」と「生チョコ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガナッシュ」「生チョコ」の違いを分かりやすく説明していきます。

「ガナッシュ」とは?

「ガナッシュ」の意味と概要について紹介します。

「ガナッシュ」の意味

「ガナッシュ」は、「生チョコを作る前の段階の名称、チョコレートを溶かして生クリームを混ぜて作る」という意味です。

「ガナッシュ」の概要

「ガナッシュ」は、チョコの名称ではなく、チョコのある状態のことを言います。

溶かしたチョコレートに生クリームや洋酒を加えたもののことです。

これを固めたのが「生チョコ」になるので、「ガナッシュ」「生チョコ」の前段階と言えるのです。

「ガナッシュ」は、含まれる生クリームや水、洋酒などの割合により、軟らかさが違ってきます。

そして周囲を固めたチョコでくるめば「トリュフ」にもなるのです。

「ガナッシュ」はフランス語で「間抜け、のろま」という意味があります。

これは、シェフがチョコを調理する時に、生クリームの扱いを間違ってしまったことから由来しています。

親方からは怒られたのですが、出来上がったチョコレートがとても美味しかったことからそのまま呼ばれる様になったのです。

「生チョコ」とは?

「生チョコ」の意味と概要について紹介します。

「生チョコ」の意味

「生チョコ」は、「ガナッシュを平たく固めたもので、お菓子の名称」という意味です。

「生チョコ」の概要

「生チョコ」は、溶かした生クリームに洋酒を練り込み、固めてココアパウダーをまぶしたものを言います。

実は「ガナッシュ」「生チョコ」には明確な違いはありません。

「ガナッシュ」は、チョコのある時点での状態のことで、「生チョコ」はスイーツの名称なのです。

因みに、生チョコは、「クリームと水分が全重量の10パーセント以上」のものに使われています。

「ガナッシュ」と「生チョコ」の違い!

「ガナッシュ」「チョコに生クリームと洋酒を加えて柔らかくした状態」です。

「生チョコ」「ガナッシュを固めて商品として販売しているもの」です。

まとめ

今回は「ガナッシュ」「生チョコ」の違いをお伝えしました。

「ガナッシュはチョコの状態」「生チョコはスィーツの名称」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典