スポンサーリンク

「ガンを垂れる」と「ガンを飛ばす」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガンを垂れる」と「ガンを飛ばす」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガンを垂れる」「ガンを飛ばす」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガンを垂れる」とは?

「ガンを垂れる」とは、俗語で相手を睨みつけるという意味で使います。

この言い方は主に関東地方で使われるとされています。

喧嘩をしたり、相手を威嚇する際に使うことが多い言葉です。

「いつまでも根に持ってガンを垂れてくる奴」「気に入らないからと言って、ガンを垂れるような人間にはなるな」などと、使います。

「ガンを飛ばす」とは?

「ガンを飛ばす」とは、相手を威圧的な目で見ることを言います。

つまり、目線で相手に喧嘩を売っていることになります。

不良、悪党用語として使われていますので、真面目な生活を送っている人が会話に使う機会は少ないと言えます。

「ガンを垂れる」と「ガンを飛ばす」の違い!

「ガンを垂れる」「ガンを飛ばす」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉はどちらも相手を威嚇的な目で見る、睨みつけるといった意味で同義語となります。

つまりどちらを使っても意味合いとしては同じです。

「ガンを垂れる」「ガンを飛ばす」は相手を威圧する為の鋭い目線、喧嘩を売っているといった印象が強くあります。

通常の「睨みつける」より攻撃性が高いと覚えておきましょう。

同じ意味として、関西では「メンチを切る」といった言い方もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「ガンを垂れる」「ガンを飛ばす」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

どちらも、同じ意味合いの俗語ですが、不良用語といった印象が強いですので公の場では使わないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典