スポンサーリンク

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」とは?意味や言葉の使い方を解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」の意味

ガンジーでも助走つけて殴るレベルとはネットスラングで絶対にあり得ない状況が起きてしまった時に使われるものです。

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」の解説

ガンジーでも助走つけて殴るレベルというのはネットスラングで非暴力を掲げたことで有名なガンジーを引き合いに出して絶対に暴力を振るわないはずのガンジーですら怒りで助走をつけて殴ってくるくらいあり得ない強い怒りを抱く状況の時に使います。

つまり、絶対に暴力を振るうことがないと思われる人でもこんなこあり得ない事をされたら怒り出すという状況を表現する時に使われるのがガンジーでも助走つけて殴るレベルというネットスラングです。

「ガンジーでも助走つけて殴るレベル」の使われ方

ガンジーでも助走つけて殴るレベルの使い方は「お前こんな卑怯な事をやりやがってガンジーでも助走つけて殴るレベルだぞ」といった感じで使われます。

この使い方から分かるように誰かに何かその状況でそれをやるかと思った時にその行為を非難する際に使うのがガンジーでも助走つけて殴るレベルというネットスラングです。

つまり、あり得ない状況が起きた時でもそれがどれだけ人を怒らせる状況であったかという時に使うのがこのネットスラングになります。

あり得ない状況でもそれが人を怒らせるような出来事でない時は使わないです。

あくまであり得ない卑怯な行動が見られた時に使うのが一般的です。

こんなことをしたらガンジーでも怒ると言いたい時に使います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典