スポンサーリンク

「ガール」と「レディ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ガール」と「レディ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ガール」「レディ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ガール」とは?

スペルは“girl”と書きます。

直訳すると女の子になり、具体的に言うと赤ちゃん後の4歳くらいから15歳くらいまでのことです。

日本と海外では、大人に対する認識度が変わりますが、日本では20歳前のハイティーンでも「ガール」と言われることがあります。

これは意識の問題でもありますが、日本では若く見られることを喜ぶ風潮があり、そのために敢えて「ガール」を用いて呼びかけるわけです。

「レディ」とは?

スペルは“lady”と書きます。

「ガール」を卒業したら、「レディ」になります。

大人の女性のことで、「ガール」には幼さが感じられますが、「レディ」には敬いの念が感じられます。

日本とは異なり、海外では早く大人になりたいと考えるのが一般的なので、少し幼さを感じても「レディ」とリップサービスで呼ぶことがあります。

レディファーストという言葉がありますが、品位を持ち合わせた女性に敬意を表して、エスコートをします。

残念ながら、「女性は三歩下がって・・・」という風習があったため、日本の男性はレディファーストがスマートにできないとも評されています。

「ガール」と「レディ」の違い

「ガール」は、可愛らしい幼い女の子という意味です。

「レディ」は、「ガール」を卒業した大人の女性という意味です。

まとめ

英語では、女性を意味する言葉に「ウーマン」があります。

こちらは男性か女性かという性別を表す際に使われる言葉です。

「レディ」と同じく女性と訳されますが、ニュアンスが変わります。

多くの人たちに「レディース エンド ジェントルマン」と呼びかけることからもわかるように、淑女なのです。

つまり、女性に呼びかけるときに大抵の場合、「レディ」を選べば失礼には当たりません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典