「ガールズトーク」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ガールズトーク」

ガールズトークという言葉はよく聞きますが、それと言える内容が絡んでいることが条件になります。

厳密な定義がある訳ではないものの、そのような会話でないと、例え女性だけで話していても、このガールズトークとは言わないと解釈するのが一般的です。

「ガールズトーク」の意味

ガールズトークとは、「女性同士ならではの会話」を表す言葉です。

その為、上記のように、特にそういった内容が絡んでいない女性同士の会話は、これとは呼ばないことがほとんどです。

女性同士ならではの内容とは、女性のおしゃれについて話や男性の話などです。

これらを絡めて女性だけで話している様子(会話自体ではなく、その様子自体)に対してガールズトークと表現する使い方もできます。

「ガールズトーク」の類語と解釈

ガールズトークを、それが話されている様子として解釈する時には、「女子会」という言葉が類義語として使えます。

この「女子会」は、ちょっとした集まりから、お酒が絡んで行われる飲み会に対してまで、広く使える言葉です。

その中では、会話の意味でのガールズトークが盛んに交わされると考えていいでしょう。

「ガールズトーク」の言葉の使い方

ガールズトークは、自分たちの会話がそれだという意味で使う場合や、これからそれをしようと誰かに持ちかける時、また、集まりとして行う時などに使われます。

また、男性が会話に入って来ようとした時に、この言葉を使って”ガールズトークなので遠慮して欲しい”と使うようなケースもあります。

これを言われると、男性は無理に入っては来れなくなります。

「ガールズトーク」を使った例文・解釈

ガールズトークを使った例文です。

会話自体のことから、それが交わされていることとして使っているケースまで、幅広い例を挙げていきます。

「ガールズトーク」の例文1

「女性が3人も集まれば、自然とガールズトークになると言っていい」

2人だけで話している時はそうでなくても、3人になると、自然に女性同士ならでは会話になることも多いと言えるでしょう。

ただ、この3人という人数は実に微妙なもので、2人だけで盛り上がり始めてしまうと、残りの1人がとり残されることになってしまいます。

ガールズトークは、できれば4人以上で行いたいと言えるかも知れません。

「ガールズトーク」の例文2

「今回はガールズトークなので、男子は遠慮してね」

ガールズトークの中身は、とても男性の前では話せないような内容にも及びます。

よって、男子禁制で行うのが当然です。

女子校や女子寮などの普段から女性だけの環境に居る人は、そのような会話に慣れているので、改めてガールズトークだと言ったり、無理にそれだと表現しないことも多いです。

「ガールズトーク」の例文3

「どれくらいの年齢まで、ガールズトークだと呼んでいいのだろうか」

「ガールズ」と付くだけに、そのまま考えれば10代限定の言葉でもおかしくありませんが、実際には20代や30代までは、問題なくガールズトークという言葉を使っていいでしょう。

ただ、集まりの意味として使う場合には、20代後半からは「女子会」と表現した方がいいかも知れません。

その意味でガールズトークを使うのは、比較的若い年代まで(あくまで一般的な解釈として考えてください)だと言えるでしょう。

「ガールズトーク」の例文4

「ガールズトークとして始まった飲み会だったが、途中から男友達たちと合流してしまった」

飲み会は、最初は女性同士でも、途中からこのようになることもあります。

そうなってしまうと、女性ならではの会話はできなくなってしまいますが、その代わりの楽しみもあるでしょう。

しかし、中にそれを嫌がる人が居た場合には、無理に男性との合流は避けた方がいいでしょう。

女性だけだからと思って参加した(それだからこそ参加できた)という人も居るからです。