スポンサーリンク

「キスが上手い人」と「下手なキス人」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キスが上手い人」と「下手なキス人」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キスが上手い人」「キスが下手な人」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キスが上手い人」とは?

「キスが上手い人」の特徴は、キスのタイミングが上手い人が大前提で、そのうえで、相手との距離感、手の置き場など、すべてにおいて完璧な人を指します。

まず、タイミング。

キスにおいて、タイミングは最も重要と言えるほど大切です。

相手も同じ気持ちになっているときを掴み、そのタイミングを逃さない人が「キスが上手い人」と言え、呼吸のタイミング、唇を寄せ合う強度のタイミングなどベストなタイミングで進めることができる人を指します。

また、手の置き場も重要です。

さりげなく、相手の頬や腰にさりげなく、手を添え、キスをする体勢を整えることができる人は完璧です。

もちろん、常に同じ手の置き場ではなく、手を移動させ、より深い雰囲気作りを行うことができる技術も必要です。

「キスが下手な人」とは?

「キスが下手な人」は、タイミングも最悪で、相手との距離感を間違え、手もどうすれば良いのかわからず手のやり場に困っているような人です。

タイミングにおいては、ムードも何もない状態でいきなりキスをする、相手がキスをしたいと思っていないタイミングでキスをする、そして、最悪なのが強引にキスをする、力ずくでキスする、という行為です。

また、キスをする際、手の置き場に困り、棒立ちでキスをする人、肩に手を置いたら、それっきり肩に手を置いたままの人、最悪の場合、手をずっともぞもぞさせている人、このような手の置き場では、相手が一気に冷めてしまいます。

キスするうえで、手の置き場は、意外と重要なポイントです。

「キスが上手い人」と「キスが下手な人」の違い

「キスが上手い人」「キスが下手な人」の違いは、以上のようにタイミング、手の置き場をはじめ、雰囲気作りの上手い、下手、といったことも大きなポイントです。

キスの場合、雰囲気を重視する人も多く、その点が上手い、下手の分かれ道となります。

相手の目を見つめる、顔をさりげなく近づける、時には目をそらしてみる、優しくそっと触れ合うなどといった雰囲気作りができるのか、できないのか、が「キスが上手い人」「キスが下手な人」の大きな違いなのです。

もちろん、雰囲気だけではなく、表情や息遣い、歯や舌の位置なども「キスが上手い人」「キスが下手な人」とでは大きな違いが現れます。

まとめ

以上が「キスが上手い人」「キスが下手な人」の違いとなります。

そのうえで、口臭ケアや唇のケア、肌のケアなどもキスをする際には重要なポイントです。

「キスが上手い人」は、常にこれらのケアも十分に行っている一方、「キスが下手な人」は、これらのケアを怠っている人が多くなります。

そのため、いざ、キスになったとき、相手に不快な思いをさせることもあります。

そのため、「キスが上手い人」になりたいのであれば、日ごろのケアにも注意し、いざというときに備えておくことも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典