スポンサーリンク

「キノコ」と「植物」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キノコ」と「植物」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キノコ」「植物」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キノコ」とは?

「キノコ」とは、「特定の菌類のうちで比較的大きくて目に見える子実体(あるいは担子器果)」「担子菌門・子嚢菌門に分類される菌類」のことです。

「キノコ」というのは、「菌糸・酵素を用いて動植物の遺骸から栄養を摂取して繁殖している菌類」を意味しています。

かつて「キノコ」「植物」の一種に分類されていましたが、「光合成」を行わない「キノコ」は、現在では植物とは異なる生物の一群の「菌類」を構成するものとされています。

「植物」とは?

「植物(しょくぶつ)」とは、「古代の昔から、動物と並んで生物界を大きく二分するとされてきた自ら動いて移動しない一群」を意味しています。

現在では「動物と植物の生物界の二分類」はあまり使われなくなり、生物界は「動物・植物・菌類」「動物・植物・菌類・原生生物・モネラ類」に分類されるようになっています。

「植物」という生命体は、「葉緑素を持つ・光と二酸化炭素から光合成を行う・細胞にセルロース(細胞壁)を持つ・動物のように手脚などで能動的に動かない」などの特徴を持っています。

「キノコ」と「植物」の違い!

「キノコ」「植物」の違いを、分かりやすく解説します。

「キノコ」「植物」はどちらも「動物に分類されない生物の一群・かつてはキノコも植物とされていた」という点でよく似ていますが、「キノコ」「植物」とは「栄養摂取と繁殖の方法・菌糸が集まった構造」が異なっているという違いがあります。

「キノコ」「カビと同じ菌類の仲間」「菌糸」によって動植物の遺骸から栄養成分を分解吸収していますが、「植物」のように「光合成」を行うことができない違いを持っています。

「キノコ」と比べて「植物」は、「菌糸ではなく細胞壁を持っている・日光と二酸化炭素で光合成を行う・胞子ではなく種子で繁殖する」などの特徴の違いを指摘できます。

まとめ

「キノコ」「植物」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「キノコ」とは「菌糸を用いて動植物の遺骸から栄養を摂取し繁殖している菌類」「現在では植物とは異なる生物の一群と考えられているもの」を意味していて、「植物」「生物界を動物と並んで構成している能動的に移動しない生物の一群」「細胞内に葉緑素を持っていて、光合成で日光・無機物から酸素・有機物を合成できる生物」を意味している違いがあります。

「キノコ」「植物」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典