スポンサーリンク

「キャッシュカード」と「デビットカード」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャッシュカード」と「デビットカード」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャッシュカード」「デビットカード」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャッシュカード」とは?

「キャッシュカード」とは、「銀行口座の預金を引き出したり、口座にお金を預け入れしたりすることができるカード」です。

「キャッシュカード」というのは「銀行口座のお金の出し入れをATMを介して管理するためのカード」であり、現在では「キャッシュカード+デビットカードの一体型カード」も銀行から発行されています。

「デビットカード」とは?

「デビットカード」とは、「銀行口座の預金額と紐付けられていて、クレジットカードと同じような使い方で一括払いのショッピングに使えるカード(即時引き落としで精算する仕組みなので分割払いはできない)」です。

ただし「デビットカード」「銀行口座の預金額の範囲内でしか買い物に使えない」「買い物とほぼ同時にリアルタイムで銀行口座から料金が引き落とされる(後払いにはできない)」といったクレジットカードとの違いはあります。

「キャッシュカード」と「デビットカード」の違い!

「キャッシュカード」「デビットカード」の違いを、分かりやすく解説します。

「キャッシュカード」「デビットカード」はどちらも主に銀行が発行していて銀行口座と紐づけされているカードですが、「キャッシュカード」「銀行口座のお金を引き出したり、口座に預け入れしたりする時に使うカード」のことを意味しています。

「キャッシュカード」ではクレジットカードのようなショッピングをすることはできませんが、「デビットカード」のほうはクレジットカードとほぼ同じ感じで「キャッシュレスのショッピング」をすることができる大きな違いを指摘できます。

まとめ

「キャッシュカード」「デビットカード」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「キャッシュカード」とは「銀行口座を持っている人が、自分の預金を引き出したり口座に預け入れしたりする時に使用するカード」を意味していて、「デビットカード」「口座にあるお金からほぼリアルタイムで引き落としする形でショッピングに使うことができるカード」を意味している違いがあります。

「キャッシュカード」「デビットカード」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典