スポンサーリンク

「キャッシュポイント」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャッシュポイント」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャッシュポイント」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャッシュポイント」とは?意味

就労して給料を得ることだけでなく副業、不用品の売却、投資、株の配当なども含め、収入を得られる機会や仕組みのことを指します。

お客様から対価をいただく機会、お金になるタイミングという意味もありますが、基本的に和製英語です。

なお、同じキャッシュポイントという言葉でクレジットカードなどのポイントサービスのシステムを指すケースもあります。

人によってキャッシュポイントは異なっており、キャッシュポイントで得られる金額も異なっているため、総額で生活に使える金額などを考えていくのがベターと言えるでしょう。

「キャッシュポイント」の概要

キャッシュのキャッシュは現金、ポイントは得点というニュアンスよりは地点というニュアンスが濃いのがキャッシュポイントという言葉で、キャッシュポイントを増やしていきたいなど増減の概念の当てはまる言葉です。

ただしある程度額面が大事な言葉でも有り、1日5円のキャッシュポイントが毎日あるより月一回500円のキャッシュポイントがある方が当然有利です。

給料などメインの収入を指すおもなキャッシュポイント、副業や配当などを指すサブのキャッシュポイント、物を売って得たお金などを指す臨時的なキャッシュポイントという使い分けが可能です。

また、現金ではなく現金同様な価値のあるポイントサービスをキャッシュポイントに含むかというと、キャッシュポイントは家計のシーンで使われるものでもあるため、家計では含むと考えて良いでしょう。

言葉としてクレジットカードのポイントシステムの名称として実在するため、今後大きく広がるかは微妙なところです。

「キャッシュポイント」の言葉の使い方や使われ方

「配当が出る株を買い、キャッシュポイントを増えた」「副業ができてキャッシュポイントを得た」「メインのキャッシュポイントは給料日」などの使い方がありますが、2021年現在では口語で使う言葉ではなく、投資ブログ、節約ブログなどで収入がどれだけ得られるかを伝えるときなどに使うのがメインと言えるでしょう。

また、給料日などは同僚同士で共通が基本なので副業以外のキャッシュポイントを聞く機会があまりないという面もあります。

「キャッシュポイント」の類語や言いかえ

「収入がある日」「収入日」「給料日」「配当日」「お金が得られる時」「商売のタイミング」などが言い換えとして使える言葉ですが、キャッシュポイントには支出するという意味合いはない点が言い換えの言葉があまり多くならない部分です。

まとめ

キャッシュポイントは和製英語で、資産運用、収入を増やす目的などのアドバイスに使われるケースがある言葉となっています。

まだ広く使われている言葉とは言い難いですが、今後大きく意味が変化して普及するとも言い難い言葉でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典