スポンサーリンク

「キャッシュ削除」とは?意味や使い方、分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャッシュ削除」とは?IT用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

スマホやパソコンは現代では誰もが持っている必須ツールですが、用語はカタカナばかりでよくわからないという人も多いです。

「キャッシュ削除」も勧められますが、何を指しているのかわからずできていない人もいるのではないでしょうか。

この記事では、「キャッシュ削除」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャッシュ削除」とは?意味

「キャッシュ削除」とは、スマホやタブレット、パソコンの内部にある、閲覧したwebページの文字や画像を始めとしたデータや、ホームページごとの設定や利用した情報の履歴を削除することです。

スマホやタブレットの動作が重く不安定であったり、容量に空きがない場合、「キャッシュ削除」をすることで動作が安定し、容量に空きができる可能性があります。

「キャッシュ削除」の概要

ネット上のwebページを閲覧する場合、毎回データをダウンロードして表示していると読み込みに時間がかかります。

そのためページの文字や画像と言ったデータを一時的に保存し、再度そのページを見る時にはそのデータを使うことで時間を短縮するという機能やそのためのデータが「キャッシュ」です。

しかしそのデータが溜まりすぎるとデータ容量を圧迫し、それによって機械の動作も不安定になってしまいます。

溜まったキャッシュを消せば、キャッシュによる容量圧迫が原因の問題は解決するので、問題が起きた時の基本的対策や問題の予防として、定期的な「キャッシュ削除」が重要です。

「キャッシュ削除」の言葉の使い方や使われ方

「キャッシュ削除」は文字通りキャッシュ、スマホやパソコンなどの一時データを削除することを指す時にだけ使います。

使われるタイミングとしては、動作が不安定で困っているという人に一時データがたまりすぎが原因でないかという確認や、一時データの削除を長期間していないならすることを勧める時です。

その際に一時データの削除よりも一般的で、用語として意味が通りやすい言葉が「キャッシュ削除」になります。

「キャッシュ削除」を使った例文

・『キャッシュ削除したけど動作が軽くならなかった』 動作の不安定など問題が起きた場合、まずは「キャッシュ削除」から対策を始める人は多いです。

しかしそれで解決するとは限りません。

・『面倒がらずに定期的なキャッシュ削除を心がけるべき』 「キャッシュ削除」するとログイン状態が解除されることも多く面倒に思われがちです。

しかしキャッシュの溜まりすぎによる問題を予防するにはこまめな「キャッシュ削除」が必要になります。

・『キャッシュ削除はしたことがない』 キャッシュは蓄積しすぎてデータ容量を圧迫しなければ便利な機能であり、一定期間で自動削除される事も多いので、端末の容量次第では不要な場合もあります。

まとめ

キャッシュ機能は普段気にしない人も多いですが、それだけに容量を知らない間に圧迫しがちなので、「キャッシュ削除」で問題が解決することは意外にあります。

特に端末の容量に余裕がない人は、「キャッシュ削除」について知っておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IT用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典