スポンサーリンク

「キャラメルマキアート」と「キャラメルラテ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャラメルマキアート」と「キャラメルラテ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャラメルマキアート」「キャラメルラテ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャラメルマキアート」とは?

「キャラメルマキアート」とは、カフェラテをキャラメル味のソースをかけて味付けした物を指します。

バニラを基調したラテという認識が一般的で、「マキアート」とは、イタリア語で「染みのついた」という意味で、エスプレッソのミルクの上から注いだ様が染みがついたように見える事からこのような名前になったとされています。

「キャラメルマキアート」は上からかけるとい点が大きなポイントになっています。

「キャラメルラテ」とは?

「キャラメルラテ」とは、シロップやエスプレッソコーヒー、ミルクなどが土台になっていて、ホイップクリームがトッピングされたキャラメル味のカフェラテです。

「キャラメルマキアート」と「キャラメルラテ」の違い

「キャラメルマキアート」「キャラメルラテ」の違いはソースを上からかけるか、中に含めるかという違いがあります。

味については「キャラメルラテ」に比べ「キャラメルマキアート」の方が苦味が強く、甘みが抑えられているという印象が高く、ラテの場合ベースがカフェラテになっているため、より甘みが強く増した味わいになっています。

「キャラメルマキアート」はバニララテがベースで上からキャラメルが掛けられている事からカロリーが高いよう思えますが、実際にはそれ程高くありません。

それどころか「キャラメルラテ」の方中にシロップをたっぷりと含む場合がありますのでカロリーが高くなる事があります。

まとめ

「キャラメルマキアート」はバニラ調のカフェラテにキャラメルソースが上から掛かっている物で、「キャラメルラテ」はキャラメル味のシロップなどがトッピングされているカフェラテという事になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典