「キャンセル」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

スポンサーリンク
カタカナ語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「キャンセル」とは?

「キャンセル」は、「取り止め」「取り消し」を意味して使います。

「その件はキャンセルだ」と使うと、その件は取り止めると言っているのと同じで、この意味となる「取り止め」より日常的に見聞きするかも知れません。

それだけ日本語のように使われており、元は英語の“cancel”で、何かを取り消す際に使われます。

その意味のまま、カタカナ語として使われている言葉です。

「キャンセル」の表現の使い方

この「キャンセル」は、カジュアルな使い方だけでなく、ビジネスでも充分使える言葉です。

「あの出張はキャンセルした」「30ケース注文したが、10ケースはキャンセルしておいて」などと日常的に用いられており、意味が分からないという人もまず居ない為、とても使いやすい言葉です。

ですが、意味は「取り止め」「取り消し」といったようにあまりいいものではないので、この言葉を何度も使うのも考えものです。

何かとすぐにキャンセル、キャンセルと言っていると、あの人とはまともに約束はできない(どうせすぐにキャンセルされる)と思われてしまうかも知れません。

「キャンセル」を使った例文と意味を解釈

「キャンセル」を使った例文と、その意味の解釈です。

使い方はとても簡単なので、意味の解釈に困ることはないでしょう。

「キャンセル」を使った例文1

「一度でもキャンセルした場合、二度と注文できないと言われてしまった」

一度キャンセルをすると、もう二度と利用できないというシステムのようです。

最近では少ないのですが、少し前の通販サイトではたまに見掛けることがありました。

そのようなサイトは、注文が入る都度発注を掛けていることが多く、メーカーや問屋への発注後にキャンセルされてはたまらないからでしょう。

「キャンセル」を使った例文2

「予約した便はキャンセルして、次の日の便で行くことにした」

乗り物の予約のキャンセルは、できない場合とできない場合があります。

何日前までならキャンセル手数料が掛からないなどといったシステムについては、乗り物の種類や各社によって異なります。

「キャンセル」の類語や類義語

「キャンセル」と同じ意味で使える言葉ですが、それそれ使える対象がある程度決まっています。

「解消」【かいしょう】

「契約を解消する」などと使う言葉で、取り消すという意味ですが、比較的重い(重要な)契約などに対して使うと考えてください。

そのような場合には、「キャンセル」よりこちらの方がいいでしょう。

「解約」【かいやく】

こちらも取り消すと使う言葉ですが、主に約束ごとや予約などに用いる表現です。

重要度が高いそれらについては上の「解消」の方が合っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カタカナ語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典