「キャンプ」と「バーベキュー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キャンプ」と「バーベキュー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キャンプ」「バーベキュー」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キャンプ」とは?

「キャンプ」の意味と概要について紹介します。

「キャンプ」の意味

「キャンプ」「テントを張って野営すること」「軍隊の駐屯地」「スポーツ選手などが合宿練習すること」「捕虜や難民の収容所」という意味です。

「キャンプ」の概要

「キャンプ」は、自然環境の中で、必要最低限の装備で宿泊したり、活動することを言います。

一般的には家族や友人達と野外にテントを張って、歌を歌ったりバーベキューするというイメージがありますが、プロ野球がシーズンオフに温かい地方で合宿したり、軍隊が滞在している場所や、難民の避難所などに対して使われることもあります。

「キャンプ」は英語の“camp”が日本語化した言葉で、元は「軍隊がテントを張って野営している場所、又は訓練している場所」「人が集まる場所」という意味です。

「バーベキュー」とは?

「バーベキュー」の意味と概要について紹介します。

「バーベキュー」の意味

「バーベキュー」「野外で肉を焼く調理方法のこと」です。

「バーベキュー」の概要

「バーベキュー」は、野外で薪や炭などを使い、肉や野菜、魚介類などをじっくり焼く料理のことを言います。

調理すると大量の煙やにおいが発生する為に、専用の設備がない場合は野外で行われます。

自宅の庭やキャンプ場、海岸や河原、専用の公園などでするのが一般的です。

ここから次第に野外で調理するイベントのことを「バーベキュー」と言う様になりました。

「バーベキュー」は英語で“barbecue”と書き、語源は西インド諸島の先住民の調理法で「肉をあぶる木製の台」という意味の言葉からきています。

「キャンプ」と「バーベキュー」の違い!

「キャンプ」は「自然環境の中で、必要最低限の装備で宿泊・活動すること」です。

「バーベキュー」「野外で肉を焼く調理方法のこと」です。

まとめ

今回は「キャンプ」「バーベキュー」の違いをお伝えしました。

「キャンプは野外で活動すること」「バーベキューは調理方法」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典