スポンサーリンク

「キーマン」と「キーパーソン」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「キーマン」と「キーパーソン」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「キーマン」「キーパーソン」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「キーマン」とは?

「キーマン」は、重要な人物、中心人物を意味します。

「キー」には、問題などを解決する手がかり、物事を理解する上で重要な部分という意味があります。

「マン」は人のことです。

男性を指す場合もあります。

また、名詞の下について複合語を作り、それを仕事としている人、それにかかわりがある人も意味します。

たとえば「銀行マン」という場合は、銀行で働いている人物、特に男性のことを指します。

「キーパーソン」とは?

「キーパーソン」は、重要な人物、中心人物を意味します。

「キー」は、問題を解決する手がかりや、物事を理解する上で重要な部分のことです。

「パーソン」は、年齢や性別を問わず人のことを指します。

「キーマン」と「キーパーソン」の違い

「キーマン」「キーパーソン」は、どちらも重要な人物、中心人物という意味があります。

意味することは同じです。

しかし、「キーマン」という場合は特に男性を指す場合があります。

「マン」は人を意味することもあれば、男性を意味することもあります。

「キーパーソン」は、年齢性別を問わず、重要な人物のことです。

まとめ

意味は同じなのですが、「キーマン」は男性にだけ使われることがあり、「キーパーソン」は年齢性別は関係ありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典