スポンサーリンク

「クズ」と「グズ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クズ」と「グズ」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クズ」「グズ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クズ」とは?

「クズ」には「屑」「葛」の意味があります。

「屑」の意味は3つあります。

1つめは、ちぎれたり、破けたりして、役に立たないものです。

そのもの本来の役割を果たさないものをいいます。

裁縫をすると短い糸が出てきます。

短すぎると縫うのには利用できません。

役に立たないものなのです。

この糸は「糸クズ」といいます。

2つめの意味は、いいところを取った後の残り部分です。

野菜を調理するとき、硬い皮は取り除きます。

たとえば、ニンジンだと一番外側の部分が取り除かれ、残った部分が食べるいいところです。

取り除かれた皮部分は「野菜クズ」といいます。

3つめは、役に立たない人のたとえです。

1つめの意味は物についてですが、3つめは人を指しています。

「葛」の場合は、マメ科クズ属のつる性の多年草のことです。

空き地や道端などで繁殖していることがあります。

葉は三出複葉です。

ひとつひとつの葉は、やや丸みをおびており、葉の裏側には白い毛がはえています。

花は8月から9月ころに咲き、色は濃紺紫色です。

根はでんぷん質を多く含み、でんぷんを集めたものをくず粉といいます。

くず粉は、ごま豆腐やくずもちなどに利用されます。

「クズ」の使い方

役に立たないものという「屑」の意味で使用することが多いです。

料理をするときなら、野菜などの「屑」の意味で使用することもあれば、くず粉の「葛」の意味で使用することもあります。

「グズ」とは?

話し方や行動がのろのろしていて、はっきりしないこと。

また、そのような人です。

今から家族で出かけるところです。

しかし、一人だけがまだ着替えができていません。

パジャマを脱ぐにも、ボタンをはずすことができず時間がかかり、お出かけ用の服に着替えるのにも、なかなか頭や腕が通りません。

やっと着替えが終わったと思ったら、今度は靴を履くのに時間がかかります。

かかとを踏んで足がうまく入らない、靴紐をうまく結べないないなどして、時間がかかっています。

このさまは、行動がのろのころしているといえます。

このようなさまを「グズ」「グズグズしている」ということがあります。

「グズ」の使い方

話し方や行動がのろのろしていて、はっきりしないさまを指して使用する言葉です。

話し方にも、行動にも使うことができます。

「クズ」と「グズ」の違い

2つの言葉は音が似ていますが、意味は異なります。

「クズ」は、破れたり、ちぎったりして、本来の機能を果たさなくなった役に立たないものです。

また、そのような人もいいます。

「グズ」は役に立たないという意味は含まず、のろのろしているさまをいいます。

「クズ」の例文

・『大量のクズが出た』
・『クズを片付ける』

「グズ」の例文

・『グズだといわれた』
・『グズなのは仕方がない』

まとめ

2つの言葉は音が似ていますが、意味は異なります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典