スポンサーリンク

「クランクアップ」と「オールアップ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クランクアップ」と「オールアップ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クランクアップ」「オールアップ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クランクアップ」とは?

映画の、撮影を完了することです。

クランクとは、無声映画の時代に、映画カメラについていた取っ手のことで、手で回して撮影していたことから、映画を撮影することに対しても使用されるようになりました。

撮影を始めることは、「クランクイン」といいます。

どちらも和製英語です。

クランクを入れることや、クランク(撮影)を始めることという意味で言われるようになったとされています。

インの反対はアウトですが、「クランクアウト」とは言いません。

物事のけりがつくという意味で「上がる」ということがあります。

例えば、「頼まれた仕事が上がる」「仕事を定時で上がる」などです。

そのことから、「アップ」になったという説や、アウトは縁起が悪いからという説、英語では、“wrap up”と言うからという説などがあります。

「クランクアップ」の使い方

映画やドラマなどの撮影が全て終了するときに使用します。

「クランクアップはいつ」などと、使用します。

略して、単に、「アップ」ということもあります。

「オールアップ」とは?

ドラマや映画などで、演者単位の終了のことをいいます。

個々の役者の、ドラマ又は映画内での撮影が全て終了することです。

こちらも和製英語です。

英語で、“all up”という場合には、万事休して、全部の、駄目になってなどの意味があります。

「オールアップ」の使い方

一人ひとりの演者が、撮影を終了するときに使います。

「主役の〇〇さんが、本日オールアップ」などと、いいます。

「クランクアップ」は、カメラで撮るのを終了するときなので、一度しかありませんが、「オールアップ」は、撮影現場で何度もあることになります。

どちらかというと、小さな役を演じている役者やゲストには使わず、主要メンバーや主役などに対して使用します。

「クランクアップ」と「オールアップ」の違い

どちらも撮影が終わることを表している和製英語ですが、「クランク」の方は、映画やドラマ全体が終了したときに使用するのに対し、「オール」は、役者個人の撮影が終了した時に使用します。

「クランクアップ」の例文

・『このドラマは、クランクインからクランクアップまで、半年間もかかりました』

・『映画の公開が延期され、クランクアップから2年後にやっと公開された』

・『来春公開予定のあの映画は、もうクランクアップしているのだろうか』

「オールアップ」の例文

・『主役が本日オールアップなので、大きな花束を用意しました』

・『毎回楽しみに見ているドラマが終わりに近づき、主要メンバーがオールアップしたというニュースを見た』

・『ドラマに端役で参加し、頑張って演じていたが、オールアップのときには何も無かった』

まとめ

この二つの言葉は、どちらも和製英語です。

作品全体の撮影が終了したのか、役者個人の撮影が終了したのかという違いがあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典