スポンサーリンク

「クランクアップ」とは?意味や使い方、例文や意味を解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クランクアップ」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クランクアップ」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クランクアップ」とは?意味

「クランクアップ」は、映像業界で使用される言葉で、一つの作品の撮影を終えることを指した言葉です。

「クランク」が、回転機構のクランクを指しアップがそれらを回転させることを指し、2つを組み合わせて「クランクアップ」と呼び、これらは昔の映画の撮り方が回転式のカメラであったが故、それらの作業を終えたことを指しているのです。

「クランクアップ」の概要

「クランクアップ」という映画などの業界で使用されている言葉は、昔のカメラがクランクという回転機構を回して撮影する機材であったが故クランクという言葉が使用され、アップについては終えるという意味があるが故2つの言葉を組み合わせた言葉にあります。

ちなみに、この英語のように聞こえる「クランクアップ」は実は和製英語であるため、英語で「クランクアップ」と言えば自動車のエンジンをかける言葉として認識されてしまいます。

というのも、エンジンをかけるという行動が回転式のクランプを回すという歴史にあるため、海外ではエンジンの始動を行うという認識がいまだ強いのです。

「クランクアップ」の言葉の使い方や使われ方

「クランクアップ」は、映画などの撮影を終えたことを伝えるために映画に携わる業界人やメディアが使用します。

「クランクアップ」を使った例文

・『こちらがクランクアップした作品です』
この例は、映画などの映像作品を手掛ける業界人が撮影を終えた作品がこちらであるとした例になります。

「クランクアップ」は業界人の人たちが使用する言葉なので、この例からわかるのは業界関係者が作品に関してお話をしていることがうかがい知れます。

・『まだ、作品はクランクアップしていません』
この例は、映像業界関係者が作品を取り終えてないことを述べています。

「クランクアップ」は一般人の人はあまり使用せず、メディア関係者か、映像業界の関係者の方が主に使用する言葉です。

・『撮影はクランクアップしたが、いつ頃作品を公開しようか』
この例は、映像を取り終えたが未だ、作品の公開日を決めてないという例になります。

恐らく、映像業界の関係者同士の打ち合わせの話であると推測します。

まとめ

「クランクアップ」は、映像業界の関係者が撮影を終えるという意味を持ちますが、実は英語ではありません。

英語で、「クランクアップ」と言えば、エンジンを始動することを指します。

それは何故かというと、エンジンの始動方法がクランクという回転機構を発動機などを用いて回転させることでエンジンを始動するという考えがいまだ海外では根強く、「クランクアップ」と言えば、発動機を回転させエンジンを使用することを指すため、意味は日本と異なるのです。

「クランクアップ」は和声の英語であるため、映像関連の業界人の間でしか通用しない言葉ですので使用に関しては注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典