スポンサーリンク

「クリティカルシンキング」と「ロジカルシンキング」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クリティカルシンキング」と「ロジカルシンキング」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クリティカルシンキング」「ロジカルシンキング」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クリティカルシンキング」とは?

「クリティカルシンキング」とは、「問題やその解決方法について疑問を抱きながら、客観的・多面的に検証して考える批判的思考」を意味しています。

例えば、「なぜお客様の来店数が減ったのか?」の問題について、「コロナウイルスの影響があったから・店内飲食だけしかできないから・競合他社のサービスや商品に負けているから」などの理由・根拠を考えて、さらにそれらの具体的な解決方法まで考案するのが「クリティカルシンキング」なのです。

「ロジカルシンキング」とは?

「ロジカルシンキング」とは、「問題・物事について筋道を立てて掘り下げながら、具体的な解決方法を考えていく論理的思考」を意味しています。

例えば、「どうすれば顧客満足度を高められるのか?」の問題に対して、「最大限の値下げをする・お客様の声を聞いて本気で改善する・売り場の陳列方法をもっと見やすくする」などの具体的方法を掘り下げて考えていくのが「ロジカルシンキング」になります。

「クリティカルシンキング」と「ロジカルシンキング」の違い!

「クリティカルシンキング」「ロジカルシンキング」の違いを、分かりやすく解説します。

「クリティカルシンキング」「ロジカルシンキング」はどちらも「問題解決につながっていく思考方法の種類」を意味していますが、「クリティカルシンキング」とは「問題やその解決方法について疑問を抱き、客観的・多面的に考えていく批判的思考」を意味しています。

「クリティカルシンキング」に対して「ロジカルシンキング」のほうは、「筋道を立てて掘り下げながら、問題の具体的な解決方法を考えていく論理的思考」を意味している違いを指摘できます。

まとめ

「クリティカルシンキング」「ロジカルシンキング」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「クリティカルシンキング」とは「問題を多面的に考えて解決・本質を導き出していく批判的思考」を意味していて、「ロジカルシンキング」「物事について筋道を立てて掘り下げて考えていく論理的思考」を意味している違いがあります。

「クリティカルシンキング」「ロジカルシンキング」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典