スポンサーリンク

「クロスオーバー」と「パロディ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クロスオーバー」と「パロディ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「クロスオーバー」「パロディ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「クロスオーバー」とは?

「クロスオーバー」には、2つの意味があります。

1つめは、異なる分野の物事を組み合わせて新しいものを作り出すことです。

歌舞伎とミュージカルのクロスオーバー、といった使い方をします。

もう一つの意味は、異なるジャンルの音楽の要素を混ぜ合わせて作り出した音楽のことです。

また、異なるジャンルの演奏家が共演することも意味します。

ジャズとオーケストラのクロスオーバー、といった使い方をします。

「クロス」には交差する、「オーバー」には物の上を超すことや超過という意味があります。

「パロディ」とは?

「パロディ」には、他社によって創作された作品を真似ながらユーモアや皮肉を交えて創作したものという意味があります。

文学、音楽、美術などの分野に関して使われます。

替え歌も「パロディ」の一種です。

「パロディ」は模倣が基本となっているので、一部の国では著作権の侵害にあたるとされています。

「クロスオーバー」と「パロディ」の違い

「クロスオーバー」は、違う分野のものを組み合わせて新しいものを作ることです。

「パロディ」は、もともとあるものにユーモアや皮肉を加えて作り出したもののことです。

まとめ

「クロスオーバー」は異なる分野を混ぜ合わせたもの、「パロディ」は既存のものにユーモアや皮肉を混ぜ合わせたものといえます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典