スポンサーリンク

「クローン」と「ドッペルゲンガー」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「クローン」と「ドッペルゲンガー」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「クローン」「ドッペルゲンガー」は、どちらも瓜二つの人が存在している状態を指す場合に使われますが、どのように違うのでしょうか。

スポンサーリンク

「クローン」とは?

「クローン」という言葉は、ギリシャ語で小枝を指す言葉が語源です。

1903年、植物生理学者のハーバート・ウェッバーが、栄養生殖によって増えた個体集団のことを“clone”と呼ぶようになり、今では遺伝的に同一な個体や細胞を指すようになりました。

植物の枝や茎を切り取り、土などに挿して増やす「挿し木」は、クローン技術の元祖ともいえます。

羊や猿などの「クローン」は誕生していますが、人間の「クローン」は、人道的な問題もあり、まだ成功していないとされています。

もし、誕生することがあれば、「クローン」の人間は、全く同じ遺伝情報を持った個体だと言えますが、誕生した時点で0歳児なので、歳は違います。

「ドッペルゲンガー」とは?

「ドッペルゲンガー」とは、ドイツ語で、“Doppelganger”(二重の歩く者)と表記します。

英語では、「ダブル」、日本では「分身」「影法師」などともいいます。

自分と全く同じように見える人のことです。

同じ人が同時に二か所以上で目撃されることを指す場合もあります。

「ドッペルゲンガー」は、古くから人々の間で信じられていて、小説の題材などに好まれます。

自分の「ドッペルゲンガー」に会うと、死んでしまうとも言われています。

「クローン」と「ドッペルゲンガー」の違い

「クローン」は、同じ細胞を持つ人間であることに対し、「ドッペルゲンガー」は、霊的な現象または、幻想的な存在だといえます。

また、「クローン」は、誕生した時が違った場合、年齢も違ってしまいますが、「ドッペルゲンガー」は、発生した時に0歳児ということはありません。

まとめ

似ているようで違う「クローン」「ドッペルゲンガー」

違いを知って、役立ててください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典