スポンサーリンク

「グラニュー糖」と「砂糖」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グラニュー糖」と「砂糖」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「グラニュー糖」「砂糖」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グラニュー糖」とは?

「グラニュー糖」は、精製する過程で濃縮したショ糖を結晶化させることでできた産物であるため、「グラニュー糖」は必ず、ショ糖100%である必要性があります。

その上で、「グラニュー糖」はショ糖を濃縮している点があり、濃縮したが故決勝が大きく甘みも強いという特性があります。

「砂糖」とは?

「砂糖」は、植物からうまくショ糖を取り出したものを指し、ショ糖だけを無理やり取り出した甘味成分です。

「砂糖」は、ショ糖が結晶化することで甘みを感じますが、これ以外にも甘み成分が入っており、このショ糖と異なる甘みがあるのが「砂糖」です。

なお、ショ糖という甘み成分を濃縮しないので、「砂糖」はショ糖の濃縮品である「グラニュー糖」より甘みが弱いです。

「グラニュー糖」と「砂糖」の違い

「グラニュー糖」「砂糖」の違いは、ショ糖の濃縮に違いがあります。

「グラニュー糖」はショ糖を濃縮した製品で「砂糖」の甘み成分を濃縮したものになります。

逆に「砂糖」は甘み成分を濃縮せず甘み成分を即座に結晶化するため、結晶化した粒はグラニュー糖より小さいです。

その為、両者の違いは粒の大きさも違い、「グラニュー糖」は粒が大きい、「砂糖」は粒が小さいという違いがあります。

「グラニュー糖」の例文

・『グラニュー糖は糖質が高く糖分は高め』
この例は、グラニュー糖という糖分は実は糖分が高いことを述べています。

というのも、砂糖よりもカロリーが実は高く、糖質も高いが故甘みも強くエネルギー的に考えた場合、砂糖よりもエネルギーが高いため、「グラニュー糖」をお菓子に使用するのは高カロリーの塊になるということです。

「砂糖」の例文

・『砂糖大さじ一杯分のエネルギーは約35キロカロリー』
この例は、砂糖という糖分は、大さじで35キロカロリーだとした例です。

「グラニュー糖」の場合約45キロカロリーで10キロカロリーのずれがあり、「グラニュー糖」の方がエネルギーは高くなります。

まとめ

「グラニュー糖」「砂糖」の違いは、実はカロリーというエネルギーにおいても異なりがあり、「グラニュー糖」の方がカロリーは高めで大さじで10キロもの違いがあります。

たかが10キロと思われるでしょうが、このカロリー量は減量を行う人物からすれば重く、かつ甘みが強いという「グラニュー糖」の方が実は中毒になりやすいです。

これは、甘味である糖分には依存性があることを指しており、甘みが強ければ強いほど依然をしてしまうという問題から、実は「グラニュー糖」の方が依存してしまった場合、だんだんと10キロという大さじ1杯当たりの中毒量が増えてしまい体に影響を与えてしまいます。

その為、三温糖も「砂糖」と同じカロリーと甘さであるが故、一応グラニュー糖よりかは中毒になりにくいのです。

なお、「グラニュー糖」より「砂糖」が甘いと感じるのは、「砂糖」は、ショ糖以外の糖分が入っているため甘く感じるのですが、実はそれでも「グラニュー糖」の方が実は甘く、舌のセンサーがそれを感じ取ることができないだけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典