スポンサーリンク

「グレージュ」と「アッシュ」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「グレージュ」と「アッシュ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「グレージュ」「アッシュ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「グレージュ」とは?

「グレージュ」は、灰色とベージュが混ざった色のことを指し、赤みがある灰色で赤を混ぜ合わせることで灰色という色合いに明るみを持たせたカラーリングです。

「グレージュ」という言葉は、ヘアーカラーリング剤に使用される言葉で明るみがあるグレーのカラーという意味になります。

「クレージュ」の使い方

「クレージュ」と言う言葉はと、ヘアーカラーリング剤や模型用のカラーリング剤などに使用することが多いです。

物の色を表す際、「クレージュ」という言葉を使用し、灰色に赤みがかかり、明るい色合いの灰色であるとします。

「アッシュ」とは?

「アッシュ」は、艶をなくした灰色のことで、カラーリング剤に使用される言葉です。

模型用のカラーリングで艶がない灰色については、フラットグレイという呼び名で艶がない灰色であるとします。

なお、何故模型用のカラーリング剤と頭髪用のカラーリング剤で名前が異なるかですが、頭髪用は英語がモチーフで髪の毛に使用するものはashと呼び灰色としますが、模型の場合、色がとても濃い鼠色であるものをグレイと呼ぶため模型と頭髪用カラーリング剤とでは、色の濃さが異なり、呼び名も異なるのです。

「アッシュ」の使い方

「アッシュ」はくすんでいる灰色をアッシュと呼び、グレイと分けて使用します。

グレイはものすごく濃い、黒い灰色であるに対して、「アッシュ」は、くすんでこそいるが色は白身が強い灰色です。

「クレージュ」と「アッシュ」の違い

「クレージュ」「アッシュ」の違いは、明るみがある灰色であるか、くすんだ灰色であるかという違いです。

両者ともに白身が強い灰色であるに対して、「グレイ」という色が他にもあり、グレイの場合黒味が強い灰色となりますので別物です。

まとめ

「クレージュ」「アッシュ」の違いは、明るみがある白い色合いを基調とした灰色が「クレージュ」、艶がない白を基調とした灰色が「アッシュ」という違いがあります。

ここで、「グレイ」という色合いがあるのではないかといわれますが、確かに「グレイ」という色合いもありますが、グレイは実はものすごく色合いが濃い灰色であるため黒味がある灰色で髪の毛などで使用するカラーリング剤では別物として扱われています。

一方で模型用のカラーリング剤には、ライトグレイという白い色合いが強い灰色の模型用カラーがありますが、こちらはアッシュではないのかといわれると赤色を配合してないため、厳密にはライトグレイという色合いになるのです。

その為、実は頭髪用カラーリング剤にも、ライトグレイというカラーリング剤があり、白色が混ざった灰色のカラーリング剤が存在しています。

要は赤色と灰色を混ぜ合わせ、明るみが出れば「アッシュ」、灰色に艶消し剤を含ませると、「クレージュ」となり、灰色を薄い印象にするために白色を強く混ぜ合わせ艶を得たものを「ライトグレイ」と呼び「アッシュ」「クレージュ」というカラーリングと別のものとしているのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典