「ケアレスミス」と「凡ミス」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ケアレスミス」と「凡ミス」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ケアレスミス」「凡ミス」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ケアレスミス」とは?

「ケアレスミス」の意味と使い方について紹介します。

「ケアレスミス」の意味

「ケアレスミス」とは、「知識や能力が不足しているのではなく、単なる不注意による失敗のこと」です。

「ケアレスミス」の使い方

「ケアレスミス」は、単なる不注意による失敗のことを言います。

知識や能力が足りなくて起きたものではなく、注意していれば防げたはずの間違いを表します。

実力は十分にあるのに「いつも大丈夫だから今日も大丈夫だろう」などと思って、よく確認せずに仕事を回してしまった時に起こり易くなります。

「ケアレスミス」は、単なる不注意による失敗ですが、内容によっては会社を揺るがす様な大事態に発展することもあり、「ついうっかり」で済まされない場合もあります。

「凡ミス」とは?

「凡ミス」の意味と使い方について紹介します。

「凡ミス」の意味

「凡ミス」「ぼんみす」と読みます。

意味は「不注意による失敗」「軽率でつまらないミス」です。

「凡ミス」の使い方

「凡ミス」には以下2つの意味と使い方があります。

1つめは「不注意による失敗」という意味で、「ケアレスミス」と同じ意味です。

2つ目は「軽率でつまらないミス」という意味で、誰もがやる小さなミスのことを言います。

上記に共通するのは「比較的軽いミスで挽回ができる」という点です。

「ケアレスミス」の場合、「ついうっかり」で取引先などに損害を与えてしまうケースもありますが、「凡ミス」の場合は「ついうっかり」でも大事にならないケースが多くなります。

「ケアレスミス」と「凡ミス」の違い!

「ケアレスミス」「単なる不注意による失敗のこと」です。

「凡ミス」「軽率でつまらないミス」です。

まとめ

今回は「ケアレスミス」「凡ミス」の違いをお伝えしました。

「ケアレスミスはついうっかりのミス」「凡ミスはつまらないミス」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典