スポンサーリンク

「ケンモメン」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ケンモメン」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、ケンモメンの意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

ケンモメンとは?意味

ケンモメンとは、大手掲示板の2ちゃんねるにあるニュース専用の掲示板でやり取りする人のことを指します。

今は5ちゃんねるの掲示板では、現在や過去のニュースについて取り上げて、討論する板があります。

その板を利用して、話題となるニュースについて熱く討論する人のことをケンモメンと呼ぶわけです。

このケンモメンの意味は、嫌悪感(けんおかん)と儲ける(もうける)という言葉から、“お金を儲ける人を毛嫌いする民”のことを意味したスラング言葉になります。

言葉の最後の「メン」「男」と言い表すケンモメンと呼ぶようになりました。

ケンモメンの概要

2ちゃんねるで指すケンモメンは、掲示板の書き込みを転載して自分のメインコンテンツにすることで閲覧数を飛躍的に伸ばし、広告収入を増やすことを意味しています。

2005年頃からこのアフィリエイトで収益が望めるまとめブログの知名度が高まったことで新規に掲示板を利用する人が増え始めました。

初めて利用する人たちは空気の読めない書き込みする人で掲示板サイトの治安が悪化。

このことで、アフィリエイトのブログによって掲示板がお金目的で利用されたと嫌悪感を示す人が出てきます。

これを重く見た掲示板の管理者は「ニュース速報(嫌儲)」を立ち上げたわけです。

この板が出来たことから嫌儲の民は違う板に引っ越し、ケンモメンと呼ばれるようになったのでした。

ケンモメンの言葉の使い方や使われ方

アフィリエイトでお金を儲けては収入を得るような人に対して「ケンモメンがいて気分悪い」と使われています。

現在では「2chの嫌儲板の民」と使う場合もあります。

広告収益をもたらす「まとめブログ」があり、このようなところでも「また今日もケンモメンが金儲けしている」と皮肉る意味でも仲間に伝えるときに使う言葉です。

簡単に広告収入で金儲けをするような人は、他の利用者にとっていい人とは思われていないため、嫌われています。

あくまでも掲示板はニュースの話題について討論したり、話し合うところ。

そこを利用して金儲けする人は悪質であり、残念な民とみなした利用者が「ケンモメン」と言い表しました。

この言葉は日常生活で使うよりも、掲示板内で使われている言葉です。

ケンモメンを使った例文

・ケンモメンは独自の用語を使って掲示板に書き込みするからたちが悪い。

・営利目的で掲示板の書き込みを利用するケンモメンは嫌いだ。

・同じような人を嫌い、時には集団で掲示板を荒らすケンモメンもいて困る。

掲示板の一般市民にとっては訳の分からない用語で書き込みするケンモメンを嫌う人は気持ち悪さを感じています。

営利目的で掲示板を利用する人に嫌悪感を抱く利用者は、できれば消えてほしいと思っているのです。

また、時には集団で荒しをして、善良な掲示板の民に嫌がらせするケンモメンには差別したり、ハゲネタに敏感なところが嫌われています。

まとめ

いつも利益のことばかり考えているケンモメンと仲良くなりたいという人はいません。

あくまでも掲示板は健全に使いたいと思う人が利用しています。

そのような人たちを残念な気持ちにさせないためにも、人のことをよく考えて、掲示板は楽しく使いましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典