スポンサーリンク

「ココナッツ」と「ヤシの実」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「ココナッツ」と「ヤシの実」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「ココナッツ」「ヤシの実」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「ココナッツ」とは?

「ココナッツ」はヤシ科の植物で日本ではココヤシという植物の果実のことで、果実がナッツというかたい殻に覆われた種を食用とするが故ココヤシのナッツ、「ココナッツ」と呼ばれています。

「ヤシの実」とは?

「ヤシの実」はココヤシ以外の樹木からとれる実であればすべてが該当し、ナツメヤシでも、一応ヤシの仲間であるということから該当する実になります。

「ヤシの実」は、ココヤシ属の果実について限定していないがため、他のヤシの実でもよいわけで、ヤシと付けば食用だろうとそうでなかろうと該当するものになるのです。

「ココナッツ」と「ヤシの実」の違い

「ココナッツ」「ヤシの実」の違いは、ココヤシという食用可能なヤシ科の植物であるか、そうではないかです。

ココナッツは、いわば食用で、ココヤシでなければならず、食用でもココヤシ以外のヤシの場合、それは「ヤシの実」です。

「ココナッツ」の例文

・『ココナッツジュース』
この例は、ココヤシの実からとれたエキスをジュースとしている製品になります。

「ココナッツ」はココヤシの実のことで、ココヤシの実がとても固く甲羅のようであるが故ナッツと呼ばれているのです。

逆に種が柔らかい場合seedという単語に変化し、やわらかい種を食用扱いで呼びます。

「ヤシの実」の例文

・『この洗剤の成分には一部ヤシの実を使用しています』
この例は、洗剤の成分の中にヤシ科の植物を使用しており、ココヤシやナツメヤシなど様々なヤシ科の植物を成分にしているという例です。

なお、この例では、主成分は実であり実は別に食用であろうと非食用であるとどうでもよく、植物の種が入っている部分のみという物を使用しているという例になります。

恐らく、「ヤシの実」自体に油分があり、その油分が瀬在にとって有効に働くが故、種を負おう果実と言われる実を洗剤に使用していると推測します。

まとめ

「ココナッツ」「ヤシの実」の違いは、ココヤシの実を使用した食用可能な種を含む果実を意味するか、食用であるかはどうでもよい、ヤシ科の植物すべてを指すかです。

「ココナッツ」は、ココヤシの果実でないと成立しませんが、「ヤシの実」はヤシ科の植物であれば何でもよく、食用だろうと非食用だろうとかまいません。

肝心な点としては、「ココナッツ」はココヤシの実でありよく知られている果実であることから様々な製品が飲料や食用で販売されており、「ヤシの実」は、別に食用でなくとも成立するため、油分を抽出することが可能であれば洗剤に使用して手を保護する主成分に使用したりなど実の特性を生かすことが可能であれば必要性がある品物です。

その為、ヤシ科の果実が燃料のように燃えるのであれば、「ヤシの実」は燃料としても使用可能なため、使用方法においては、「ヤシの実」の方が使用方法が多いと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典