スポンサーリンク

「コミット」と「オミット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コミット」と「オミット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コミット」「オミット」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コミット」とは?

「コミット」の意味は以下の通りです。

1つ目は「あるものごとに責任を持って関わること」という意味で、ある事柄や行動に責任を持って関わり合うことを言います。

2つ目は「結果を約束すること」という意味で、最初に提示した結果通りになることを誓うことを言います。

3つ目は「データベースの処理が完了すること」という意味で、ある一連の処理が成功した状態で終わることを言います。

4つ目は「積極的に委ねる」という意味で、相手を信頼して任せることを言います。

上記に共通するのは「関わり合って成果を出す」という意味です。

「コミット」は英語の「commit」が日本語化した言葉で、「身をゆだねる」「引き渡す」「託す」「派遣する」「約束する」「責任を持つ」「取り組む」「充てる」「注ぎ込む」などの意味があります。

「コミット」の使い方

「コミット」「あるものごとに責任を持って関わること」「結果を約束すること」「データベースの処理が完了すること」「積極的に委ねる」という意味で使われます。

日本語の場合、名詞として動詞を伴い「コミットする・した」と使われたり、副詞として「コミットして」と使われ、「結果にコミットする」「結果に責任を持って取り組むこと」になります。

基本的に、あるものごとに責任を持って積極的に関わったり取り組んだりすることに使われる言葉です。

「オミット」とは?

「オミット」の意味は以下の通りです。

1つ目は「除外すること」という意味で、それまであったものを取り除くことを言います。

2つ目は「省くこと」という意味で、なくても良いものとして含めないことを言います。

3つ目は「却下する」という意味で、ビジネスなどで提案したもを認めないことを言います。

上記に共通するのは「外す」という意味です。

「オミット」は英語の「omit」が日本語化した言葉で、「~を~から省略する」「うっかり書き落とす」「意図的にしない」「うっかりし忘れる」などの意味があります。

「オミット」の使い方

「オミット」「除外すること」「省くこと」「却下する」という意味で使われます。

日本語の場合、名詞としてづ動詞を伴い「オミットする・した」「オミットされる・された」と使われたり、副詞として「オミットして」と使われたりします。

基本的に、あるものごとを取り除いたり省いたりすることに使われる言葉です。

「コミット」と「オミット」の違い

「コミット」「あるものごとに責任を持って積極的に関わったり取り組んだりすること」という意味です。

「オミット」「あるものごとを取り除いたり省いたりすること」という意味です。

「コミット」の例文

・『問題解決をコミットする』
・『そのプロジェクトにコミットしたい』
・『売り上げの5%アップをコミットします』
・『残念ながらそのご依頼にはコミットできません』

「オミット」の例文

・『この過程はオミット可能です』
・『企画書をオミットされた』
・『レギュラーメンバーからオミットされた』
・『あの業者はオミットする予定だ』

まとめ

今回は「コミット」「オミット」について紹介しました。

「コミット」「責任を持って関わる」「オミット」「取り除く」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典