スポンサーリンク

「コンサバ系女子」とは?意味や言葉の使い方、概要(元ネタ)など

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コンサバ系女子」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、コンサバ系女子の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

コンサバ系女子とは?意味

コンサバ系女子とは、上品さのあるきれいめな服を合わせる女性を指す言葉です。

服装は大人の女性に見える服装を選び、颯爽と歩く好感度のあるコーデを好みます。

元々は“コンサバティブな女性”と呼び、流行に惑わされない保守的な人という意味合いがあります。

このような女性は恋愛に対しても同様の傾向が見られます。

保守的な考えで彼氏と付き合い、上品な装いで紳士的な男性とデートするのです。

コンサバ系女子の概要

服は足首上ほどまである長いフレアースカートを選び、少し高さがあるパンプスを履くコンサバ系女子は白いニットやノースリーブをコーデします。

派手ではない化粧を好み、髪の毛の色は黒か落ち着いた茶色に染めるのも特徴的。

肌は透明感があり、全体的に大人しい姿で決めます。

お嬢様に見える雰囲気をかもし出し、静かに立つ姿は男性の気持ちを惹きつけて、抱きしめたくなる可愛さもかもし出す美しさがあります。

清潔感があり、花に例えるなら百合か石楠花のよう。

そんなコンサバ系女子は恋愛においては恋人と静かなカフェでお茶を飲み、彼氏の家では本を読んで過ごす。

お金をあまり使わない付き合いを好む堅実派なのです。

また、控え目な性格ですので、行動派な男性よりも同じように物静かな人を好む傾向があります。

付き合った男性に対してはいい距離感を保ちつつ尽くせるので、大人なお付き合いができるのも特徴的。

コンサバ系女子の言葉の使い方や使われ方

自己主張はせず、相手に合わせられる大人な女性に対してコンサバ系女子と呼びます。

見た目はコンサバファッションで決めていて、自然な立ち振る舞いと笑顔を見せる女性であればこの女子に当てはまります。

男性と会話している時は相手の話に耳を傾けて、しっかり話を聞いてあげられる。

そういった女性を見かけたら「素敵なコンサバ系女子だ」と言い表します。

自分でどのような女性を目指しているか強調するときには「私はコンサバ系女子を目指している」と伝えられます。

この言葉を使う対象は女性であり、男性に対しては使わない言葉です。

人から見てコンサバ系に見えると思う女性を表現するときに使われています。

対義語には進歩的、革新的があり、保守的で控えめな人とは正反対で、「自ら前に突き進む」という意味があります。

新しいことに挑戦し、自ら道を切り開いていく人に当てはまる言葉です。

コンサバ系女子の言葉を使った例文

・コンサバ系女子は常識的な考えができる優等生タイプが多いところが男性を惹きつける。

・男性ウケがいいコンサバ系女子は喧嘩するよりも話し合いで問題を解決する。

・結婚観は堅実に考えるコンサバ系女子は少しゆとりのある男性を選び、安定した生活が理想的。

コンサバ系女子は常識外れなことはしないため、安心できるお付き合いができます。

男性を惹きつけるのも2人の間に問題が起きればどのように解決すればいいか考えて行動ができるため、感情的に怒ることはありません。

そんな女子は安定した結婚生活ができるよう経済的に少しゆとりを持つ中流階級の男性を選ぶ傾向が見られます。

まとめ

落ち着いた行動ができるコンサバ系女子は柄物よりも無地を選び、落ち着いた服装の中にエレガントさを取り入れた服装を選びます。

窓から花が見えて、静かに過ごせるカフェを選び、二人でいるその時をじっくりと楽しむのです。

そんなコンサバ系女子とうまく付き合いたいときは、男性も同じように上品さを身に付け、落ち着いた行動ができるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典