スポンサーリンク

「コーヒータイム」と「コーヒーブレイク」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「コーヒータイム」と「コーヒーブレイク」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「コーヒータイム」「コーヒーブレイク」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「コーヒータイム」とは?

「コーヒータイム」には、コーヒーを飲む時間、休憩時間、お茶の時間という意味があります。

仕事や家事の合間などに、ちょっと休憩するためにコーヒーを飲むことがあります。

その時間のことを「コーヒータイム」といいます。

「コーヒータイム」を日本語にすると、コーヒーの時間ですが、英語でコーヒーの時間は“time for coffee”といいます。

「コーヒーブレイク」とは?

「コーヒーブレイク」には、仕事などの合間にとる短い休憩という意味があります。

ブレイクには、壊す、割れる、切る、休憩、中継、切れ目などの意味があります。

「コーヒーブレイク」というときには、休憩という意味で使用されています。

「コーヒーブレイク」で飲むものはコーヒーで、お茶などを飲む場合はティータイムということがあります。

「コーヒータイム」と「コーヒーブレイク」の違い

「コーヒータイム」「コーヒーブレイク」も、仕事などの合間にとる短い休憩という意味があります。

「コーヒータイム」は、職場でも家庭でも使われる言葉ですが、「コーヒーブレイク」は家庭よりも職場で使われることが多い言葉です。

まとめ

「コーヒータイム」「コーヒーブレイク」は、ほぼ同じ意味を持っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典